2005年11月30日

全銀協

耐震偽装マンション、ローン返済一時繰り延べも・全銀協


 全国銀行協会(会長・前田晃伸みずほフィナンシャルグループ社長)は29日、耐震強度の偽装問題が発覚した分譲マンションなどの入居者に対して、住宅ローンの返済一時繰り延べを含めて対応する方針を固めた。この問題では住宅金融公庫が返済繰り延べの相談に応じることを決めており、民間金融機関も救済措置を検討する。

 耐震強度を偽装したマンションなどの入居者は、転居先の家賃とローン負担が重なるといった恐れがある。このため国土交通省は民間金融機関に住宅ローンの返済猶予などを検討するよう要請していた。

粋な計らいと言いたいが、今までしなかったことですが、これから出来ることだから、日常ルーティンにやればよい。

それぞれの事情に耳を傾けるのも、お金を貸す銀行が取るべきサービスだと思う。

消費者金融とは、違いを見せた、全国銀行協会でした。
posted by jijibat at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2005年11月29日

レイザーラモンHG

“大暴走”HGに小池大臣が失笑

 お笑いタレントのレイザーラモンHG(29)が、小学館の「第18回DIMEトレンド大賞」で「話題の人物賞」を受賞し、28日に都内のホテルで行われた表彰式に出席した。「特別賞」のクールビズの受賞者として来場した小池百合子環境相(53)と初対面したが、失笑する小池氏にたじたじ。結局、異色の2ショットは実現しなかった。

 プロレスデビュー戦の「ハッスルマニア」ではインリン様に勝ったHGも、マドンナ大臣には“完敗”した。

 小池氏が受賞のあいさつをした直後に「こんばんは〜ハードゲイで〜す」といつもどおりのテンションで登場。「場違いフォー!」と雄叫びを上げ、パンツの中から招待状を取り出すなど大暴走を繰り広げたが、“HG節”はそこまで。

 HGの芸(ゲイ)風にあっけにとられ、失笑する小池氏の様子に気づいたのか緊張の表情。小池氏との2ショットや握手を求めるカメラマンの声にも「それをやったらいろんな人のクビが飛ぶから…」と弱気で、結局、異色の2ショットは実現しないまま、式は終了した。

 その後会見したHGは「この人には絡んじゃいけないという雰囲気がびんびんに出ていた。普段は空気を読めないキャラクターだけど、きょうは初めて空気を読みました」とたじたじ。「壇上でちょっとニコリとしてくれたので、嫌いじゃないと思うんだけど…」と自信なさげに話した。

 クールビズに続き、冬に向けてウォームビスを提唱している小池氏だが、「HGはどういう格好をしたらいい?」という質問には「あの人自身が熱いからもういいんじゃないですか?」と突き放すようなコメント。

 HGは「正直寒いけど、冬もこのままいくしかない」と宣言していた。


「話題の人物賞」は、知らなかった。
レイザーラモンHGは、小学生でも知っています。冬まで持ったようですね。でも寒そうな服装ですね。
小池百合子環境相が相手では、レイザーラモンHGが可愛そうですね。キット後から小池百合子環境相が、レイザーラモンHGの楽屋を訪ねて楽しく談笑したのだと思う。

小池大臣の前でレイザーラモンHGは、れいのように腰振りダンスを披露したのかな?
posted by jijibat at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(3) | 芸能

2005年11月28日

戸田菜穂

戸田菜穂帰国「結婚は?」に意味深笑み

ヤンキース・松井秀喜外野手(31)との熱愛が明らかになった女優・戸田菜穂(31)が27日午後、休暇のため訪れていた米・ニューヨークから帰国した。成田空港には多数の報道陣が集まり、「結婚の決意は?」と問われると、無言のまま、意味深長な笑みを浮かべた。

 背筋をぴんと伸ばして歩く姿は、人気ドラマ「ショムニ」で演じたエリートOLそのもの。すでにニューヨーカーとしての気風すらあり、うっすらと浮かべた笑みには幸福感も漂った。

 成田空港には多数の報道陣。航空機から降りて到着口へ向かう際、次々と質問が飛んだ。

 交際について問われると「はい、そうですね」と一言。25日、松井は球団広報を通じて交際を発表していたが、それを追認した形となった。何を問われても、少しも動じず、晴れやかな表情。「すみません。何もお答えすることはございません」と2度言い、歩き続けた。「(松井と滞在したとされる)パリは?」などの問い掛けにも無言で、結婚に関する質問にも意味深長な笑みを残して報道陣の前から去った。

 松井のいるニューヨークからの帰国。パリに2人で旅行した後ニューヨークに滞在していたとみられ、熱愛報道が過熱する中でも行動をともにしていた2人の関係の深さをうかがわせた。

 松井と戸田は01年に知人の紹介で知り合い、2年半前の03年に交際がスタート。今季シーズン中にも松井の試合を観戦する戸田の姿がたびたび目撃されていた。

 戸田は来月上旬から日本テレビのスペシャルドラマ「anego」の収録に臨む。松井も近く帰国する予定で、今後の2人の恋の行方に日本中から注目が集まる。

 ≪30日にも松井帰国≫松井は現在ニューヨークの自宅で荷造りに追われており帰国は30日の予定だ。約9カ月ぶりとなる帰国後はスケジュールがビッシリ。12月2日に都内で雑誌の取材でソフトバンク・王監督と対談するのを皮切りに、7日には石川県能美市の実家の隣にリニューアルオープンする「松井秀喜ベースボールミュージアム」の記念式典に出席。そのほかCM収録や取材など多忙なスケジュール。ただ当初から各関係者に「(12月)24日だけは勘弁してほしい」と要望しており、現時点でクリスマスイブは完全オフの予定。年末年始は例年通りに帰郷し、「新春市民との集い」にもゲスト参加する。同会では毎年ファンから結婚についての質問が多数寄せられていたが、今年は「婚約発表?わかりません。あるかもしれないので、皆さん気を付けておいてください。でもその時はこの会に彼女を連れて来て紹介します」と話していた。

 ≪実家はシ〜ン…≫広島市内にある戸田の実家では、両親は不在で、応対はなかった。実家の敷地内にある、父が開業している歯科医院の入り口には「26日は臨時休診します」との張り紙があり、近くの住民は「土曜日から出かけているみたいです」と話した。


交際は、認めたが、結婚には、含み笑いです。そりゃそうでしょう。女の方から結婚宣言できません。松井に振られるかも知れませんよ。

でもこの含み笑いは、結婚についての自信ありげな笑いでした。

歯医者さんのお嬢さんでしたか、−−−知らなかった。
posted by jijibat at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能

ニフティ、ブログサービスを無料開放

ニフティ、ブログサービスに無料コース新設

プロバイダー大手のニフティ(東京・品川、古河建純社長)は24日、ブログ(日記風の簡易型ホームページ)サービス「ココログ」に、無料で利用できるコースを新設したと発表した。従来は接続会員以外は有料だった。無料コースの新設で利用者獲得を加速させ、広告などブログを活用したビジネスの拡大を図る。

 新設した「ココログフリー」は、接続会員向けには無料、それ以外には月額263円で提供してきた「ココログベーシック」と同様に、ブログ記事や画像などの保存容量は2ギガ(ギガは10億)バイト。無料コースでは利用者が作成したブログページに、記事の内容に関連した文字広告が表示される。その広告収入はニフティが受け取る。関連する広告を表示する仕組みは、米グーグルの「アドセンス」を採用した。

「無料コースの新設で利用者獲得を加速させ、広告などブログを活用したビジネスの拡大を図る。」そんなに収入が見込まれるのか、AdSenseは、無料のブログで大いに開放しても、アドセンス収入で稼げると言うことです。

これって人のふんどしで相撲を取るようなものですね。大手のサイト保有者は、恵まれていますね。Googleもいろいろと、手伝ってくれますし、殿様商売みたいです。

うちみたいな、弱小サイトは何の助けもないし、自分でいろいろ試しながらですから、効率は、超悪いに決まっています。

頭の体操ぐらいに、考えないと、みじめになります。
posted by jijibat at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年11月27日

オツム悪すぎ政治屋

武部氏「悪者探しで景気悪化」・耐震強度偽装で


自民党の武部勤幹事長は26日、北海道釧路市での講演で、耐震強度偽装問題に関して「悪者探しに終始すると、マンション業界つぶれますよ、ばたばたと。不動産業界もまいってきますよ。景気がこれでおかしくなるほどの大きな問題です」と述べた。

国民は、こんな政治屋しかもっていなかったのか!

建築業界の手抜きなどは、国民は常識として持っています。
一戸建てでもそうです。手抜きをされても、どうしようもないのは、現実にたくさん経験しています。

マンションの場合もそうでした。

耐震構造計算すら、今度は偽造されてしまったのです。安全性が脅かされたという認識です。
しかも自殺者すら出てしまったのです。

自民党の大いなる牽引者だった、建築関連団体です。選挙の際手足と重宝していたのですよね。選挙資金もふんだんに、負担してきたと思います。政治屋との癒着を、とやかく言われ続けて来ました。

政治屋を介して国土交通省の役人に会いに行った社長さんもいましたね。我々なら、お会いすることも出来ません。

建築関連団体からの政治資金は、体のいい賄賂です。勿論合法的手続きは踏んでいます。

政治屋は、本当は国民一人が支えているのです。幹事長として書類に目を通して見れば分かります。政党助成金は、国民全体から支給されているはずです。

また、議員歳費も国民からの支給です。つまり議員給料です。合計いくらですか?よく考えなくても分かる額です。幹事長ならなお更です。

国民の方を向いていないで、建築関連団体のほうを向いた発言を繰り返すなら、やっぱり裏で取引しているんだなという考えを国民に持たせますよ。

お口は災いの元。杉0太蔵の方がまだまし、若いから良くなる可能性もあるからね。
posted by jijibat at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2005年11月26日

狂言和泉元彌

狂言通用せず…元彌 悪質駐車で逮捕

狂言師の和泉元彌(31)=本名山脇元彌=が、駐車違反の取り締まりを受けながら反則金を支払わず、警視庁に道交法違反(駐停車違反)の疑いで逮捕されていたことが25日、分かった。罰金1万円を払い、即日釈放された。6回も出頭要請を受けながら、応じていなかった。

 公演ドタキャンやダブルブッキング、宗家継承問題など、トラブルには事欠かさない元彌が再び世間を騒がせることになった。

 元彌は25日夕、都内で会見し「社会人としてあってはならないことをした。おわびしかございません」と神妙な表情で謝罪。一方で「仕事が忙しく、なかなか(警察に)行けなかった」「出頭しないからといって逮捕されるという認識はなかった」などと釈明した。

 警視庁の調べによると、03年4月14日午後、港区西新橋の連続1時間しか駐車が認められていない路上パーキングで、約2時間駐車した疑い。愛宕署員による取り締まりを受け、いったんは同署に出頭。交通反則切符を切られたが、その後、反則金を払う様子が全くなかったため、警視庁が6回にわたって出頭要請を繰り返していた。


何かとお騒がせの狂言師の和泉元彌です。プロレスにも出るそうです。

記者会見で説明していましたが、意味が分からない言葉の遊びでした。

その横にお姉さまがいると言うのは、自立していない証拠でしょう。

イカレポンチを地で行くのが、狂言です。ぴったりだ。
posted by jijibat at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー

2005年11月25日

耐震強度偽装の聞き取り

国交省、建築主3社から聞き取り・耐震強度偽装

 千葉県の姉歯建築設計事務所がマンションなどの構造計算書を偽造した問題で、国土交通省は25日、偽造物件の建築主であるヒューザー(東京・千代田)とシノケン(福岡市)の代表者から入居者への対応などについて事情を聴いた。サン中央ホーム(千葉県船橋市)からも同日午後、話を聞く。

 姉歯秀次・一級建築士(48)は24日に国交省に対し「取引先から圧力を受けた」と証言しており、国交省はこの点についても建築主から話を聞いたもよう。

 これまで建築主に対しては地元自治体が調査していたが、入居者の安全確保を急ぐ観点から国交省が直接、聞き取り調査に乗り出すことにした。耐震性が不十分な分譲・賃貸マンションについて、入居者の移転の見通しや費用負担などの対応を聞いた。

 一方、民間の確認検査機関「イーホームズ」(東京・新宿)への立ち入り検査はこの日も継続。北側国交相は「建築士の不正行為を想定しておらず、建物の強度を十分にチェックしていなかった」との評価を明らかにした。


ヒューザー(東京・千代田)とシノケン(福岡市)とサン中央ホーム(千葉県船橋市)の3社が、国交省に呼ばれ、聞き取りが行われた。この3社は、姉歯秀次とかかわりながら、利益を膨らませるため耐震強度偽装を行ったと思われる。つるんでやれば、怖くない。
ひどいことをするもんだ。

民間の確認検査機関「イーホームズ」(東京・新宿)もつるんでやっていたのではないのか。
検査機関は相互監視じゃないと、うまく機能しない。三回の検査なら、三回とも違う会社を使うしかない。

姉歯秀次は、ヒューザー(東京・千代田)とシノケン(福岡市)と木村建設から、安く上げるために、圧力があったと述べたそうです。

各会社は否定した。責任を擦り合っています。警察を入れて、司直の手を入れる必要がありそうです。
posted by jijibat at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

責任のなすりあい

国交省が姉歯建築士を聴聞…施設側からの圧力明かす


マンションやホテルの耐震強度偽造問題で国交省は24日、姉歯秀次・一級建築士(48)の聴聞会を開いた。姉歯建築士は「取引先3社から鉄筋の量を減らすよう指示された。断ると『他の事務所に変える』と言われた」と証言、施工側などからの“圧力”があったことを明かした。当事者間の“責任なすり合い”が泥沼化してきた。同省は偽造を見逃した民間検査機関「イーホームズ」も立ち入り検査した。

「鉄筋の量を減らすように指示された。『安全性に問題が生じるので減らせません』といったが、『他の事務所に変える』と言われた」

国交省によると、渦中の姉歯建築士はこの日の聴聞会で、大口取引先の幹部の実名を挙げて「圧力」があったと“暴露”。別の2社からもコストを抑えた設計を指示されたと明かした。

さらに「仕事がなくなると、生活が困ると思った」「仕事確保が優先で考えが至らなかった。今思えば、その時に拒否するべきだった」とも。

“ヨン様ヘアー”に黒いスーツ姿の姉歯建築士。この日午後1時すぎに国交省前に車で到着し、問題発覚翌日の18日以来、6日ぶりに公の場に姿を現しただけに、大勢の報道陣にもみくちゃにされたが一切無言だった。聴聞会は午後1時20分から約30分間で終了。終了後も同省を通じて「取材には応じない」と談話を出した。

だが聴聞では、自らの姉歯建築設計事務所(千葉県市川市)による構造計算書の偽造が判明したホテルなど計21棟について、偽造を認めて「大変申し訳ないことをしたと反省しております」と陳謝したが、「それ以外の偽造は覚えていない」と語ったという。

一方、姉歯建築士の「大口取引先」の1つである施工主、木村建設(熊本県八代市)の木村盛好社長(73)は同日、熊本市内で会見して「姉歯建築士にコストダウンの圧力をかけたことは全くありません」と、「圧力」について語気鋭く全面否定した。

「わが社に構造計算という特殊な分野を処理する能力はない。偽造の事実は全く知らず、姉歯建築士の計算や審査結果をそのまま信じた」と、責任は姉歯建築士と検査機関イーホームズにあると主張。「怒りの気持ちでいっぱい。姉歯建築士を告訴するつもり」と言い放った。

早ければ月末に熊本地裁に自己破産を申し立てる方針という木村社長は「会社の存続が困難と判断した」と涙も見せた。

また計12棟の建築主ヒューザー(東京都千代田区)の小嶋(おじま)進社長(52)は、ホリエモンになぞらえて自らを「オジャマモン」と名乗る通り、24日もテレビ各局の生番組にハシゴ出演。「偽造は全く知らなかった。姉歯さんの特殊な出来事で、検査機関が通したことも問題」と木村社長と同様、姉歯・イーホームズ批判に終始した。

国交省は姉歯建築士に免許取り消しを通告。来月上旬に開かれる中央建築士審査会の同意を得て確定する。


開き直っている姉歯設計士です。カツラだとすぐ分かってしまう姿は、感じが悪い。開きなおった態度には、不快感を感じる。

圧力を、強度的に無理だと、跳ね返すのが、設計士の仕事だと思う。お金のためにした仕事ですか、でもいい訳にはならないよ。

ヒューザー社長も、ただのでしゃばりだけで、軽い人物です。全ての責任は自分がとるということだが、おそらく取る意思はない。言葉巧みにあやっているつもりなのだろう。

それぞれの立場でそれぞれの自己弁護が始まった。
posted by jijibat at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年11月24日

マンション住民への説明会

各地でマンション住民説明会、不満が噴出・耐震強度偽造問題


 耐震強度偽造問題で、震度5強で倒壊の恐れがあるマンション住民への説明会が23日、各地で開かれ「早く引っ越したい」「生命と財産を守って」と苦情や要望の声が相次いだ。

 東京西部に位置するグランドステージ稲城(稲城市)の説明会は都が主催し、全24世帯が出席した。販売したヒューザーの小嶋進社長が「建て替えが必要かどうか、結論はまだ出ていない」と説明した。

 マンション管理組合の理事長(38)は会議後、「なぜ建て替えないのか理解できない。納得いく回答が得られなかった」と憤慨した。

 千葉県船橋市の賃貸マンション住民への説明会では、建築主のサン中央ホーム(同市)の専務が解体の決定を伝え、「日々の対応に追われて説明が遅れおわびしたい」と述べた。住民からは「眠れない夜を過ごしている」「地震がきたらどうする」と怒りの声が上がった。


ヒューザー、シノケンは今後どういう行動をとるかに注目が集まる。

契約解除が妥当だろう。

建てかえして、またと言うのは、建てた方が違法建築を建ててしまった過去があるのだから、立て替えた後また住んでもらうと言うわけにも行かない。

新しく建てた建物が、また違法かも知れない。正当な建物だと言う保障がないのだから、契約解除のほうが良い。

信用問題という観点が、企業にはないのかな、それぞれの企業の事情はあるだろうが、その企業事情を言い出し始めたら、企業エゴでしかない。
posted by jijibat at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年11月23日

景気の実感

10月のコンビニ売上高、15カ月連続減

日本フランチャイズチェーン協会が21日発表した10月のコンビニエンスストア売上高(11社、既存店ベース)は、前年同月比2.9%減の5518億円となり、15カ月連続で前年実績を下回った。9月のハイウェイカード販売終了に伴う駆け込み需要がなくなったため、客単価が3.2%減となり、先月(0.8%減)より下げ幅が拡大したことが響いた。

 一方、来店客数は0.7%増と3カ月連続で増加した。主力の清涼飲料はヒット商品に恵まれなかったこともあり不調だったが、各社が販促に力を入れたおでんは好調だった。

 全店の売上高は前年同月比0.5%増の6020億円となり、3カ月連続で増加した。店舗数は2.6%増の3万9631店だった。

景気は穏やかに回復基調にあるとの、政府の判断だが、コンビニの売上高は、15ヶ月連続で減少しているそうです。

商店での小売も不振だから、消費者はどこでものをかうのだろうか、それとも買っていないのだろうか。

オンラインショッピングが盛んになっているのだろうか、消費の動向をつかむことが出来ないのだろうか?

本当に政府の発表の通り、景気は良くなっているのだろうか?

景気がよくなったという、実感は私にはない。みなが実感を持っているのかな。
posted by jijibat at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2005年11月22日

姉歯建築設計事務所

都内のマンション2棟も震度5強で倒壊の恐れ・耐震強度偽造

千葉県の姉歯建築設計事務所の構造計算書偽造問題で、同事務所が耐震強度を偽造したマンションのうち、東京都内の2棟が震度5強程度の地震で倒壊する恐れがあることが20日、不動産会社の調査で分かった。この2棟を含む計3棟のマンションで「安全性を確保できない」などとして、不動産会社は入居者に退去を要請、「転居費用は全額負担する」と発表した。

 東京都港区と新宿区の2棟が「震度5強程度の地震で倒壊の恐れがある」と発表したのは不動産会社「シノケン」(福岡市)。倒壊の危険性が指摘されたのは、国土交通省が発表した千葉県船橋市と川崎市のマンション2棟と合わせ計4棟となった。

 シノケンは今回の2棟を含め偽造が発覚した計4棟の売買契約を白紙にして代金を全額返還する方針で、転居費用を負担する。都内の残る2棟の強度については調査中という。


経済的に上げたいのは、誰でも思うことである。建物の場合、労賃の安い外国で組み立てて日本に運ぶことはほとんど不可能だ。

買うものの種類によって、値段の決め方が違うことがままある。

建物の場合、そこに住み人の安全が第一である。次に住みやすさ、長持ちである。

その安全性の根幹にかかわる、建築士としては、安全性は一番の考慮すべき事項だろう。
それが、震度5で崩壊の恐れですか、経済性優先と言うことだ。安全性をないがしろにして、経済性はない。

重大な犯罪だから、免許を取り上げられたのは、当然だ。

設計事務所だから、紙と鉛筆で仕事が出来る。注文は全国規模に拡大する。だから調べれば調べるほど、姉歯建築設計事務所の設計で立てられた建物は多数出てくると思う。

日本は、地震国ということを忘れないで欲しい。

建物は、建物の重さを支え、生活する人と家具などの重量を支え、なおかつ地震などの際に生じる圧力に耐えなければなりません。

悪いと言わずに終始したインタビューを見ても、平気の平左という顔つきだった。

たちの悪い建築士だったにすぎない。

立てたばかりの建築請負業者は、料金すら、まだもらっていないので、倒産の恐れもある。
下請けは、ただ働きに終わりそうである。住宅販売会社も料金ももらえそうもない。それらに融資した銀行も困っているだろう。いろいろな重い影響を人に与えたにもかかわらず、姉歯建築設計事務所の姉歯秀次は、謝りもしなかった。まるで他人事です。

経済界への影響もある変な事件です。
posted by jijibat at 14:20 | Comment(5) | TrackBack(3) | 経済

ヤフオク詐欺摘発

ネット競売詐欺7人逮捕、被害4200人で2億5千万

福岡県警組織犯罪対策課と筑紫野署などは21日、インターネットオークションで電化製品を架空出品し落札者から代金をだまし取ったとして、詐欺容疑で北九州市八幡東区出身の通信販売業村上修士被告(32)(別の詐欺罪で起訴済み)ら2人を再逮捕、共犯5人を逮捕した。

 押収した通帳には延べ約4200人から計2億5000万円が振り込まれており、うち800人が警察に被害届を出していた。

 調べによると、村上被告らは昨年11月下旬、ヤフー(東京都港区)が運営するネットオークションにカーナビゲーションを出品、落札者に代金約12万円を振り込ませてだまし取った疑い。

 村上被告らは、当初は実際に商品を送り、信用をつかむと大量に架空出品して代金をだまし取る手口で、ヤフーには約2000人から「商品が届かない」などと苦情が殺到していた。

ヤフオクに絡んだ詐欺事件が摘発された。
2億5千万もお金をもうけていた。

この種の事件は、何故起こるのだろう。ヤフーの管理体制の不備が指摘される。ヤフーも対策を少し打ち出してはいるが、沈静化に向かわない。

詐欺する連中は、考えているのだから、対策の上を行くやり方をしてくるに違いない。

不特定多数が入り込むネットだから、選別することは、困難だろう。

自分で身を守るしかない。ヤフオクをやらないのが、一番です。

それでもやりたい方は、危険リスクを考えてやる必要がある。

商品が手元になくても、商売が成り立つのだから、必然的に被害者が出ます。

押さえる手立てはないのだろうか?

アフィリエイトでもASPが払う気がなければ、被害者が出ます。中立のオークション協会を通してのオークションにしなければ無理なのかも知れません。

相手がみれないネットは危険がごろごろしている。
posted by jijibat at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年11月21日

高橋尚子復活

尚子 屈辱から2年、因縁の地で復活

尚子が因縁の東京で完全復活!東京国際女子マラソンは20日、東京・国立競技場を発着点とするコースで行われ、2年ぶりのフルマラソンとなった高橋尚子(33=ファイテン)は右足に3カ所の筋膜炎を抱えながら、35・7キロで一気にスパートし、2時間24分39秒の好タイムで優勝した。アテネ代表選考会だった03年大会で大失速して2位となったが、悪夢を払しょくして鮮やかに復活。来年のドーハ・アジア大会の代表選出が確実となり、悲願の08年北京五輪出場を視野にとらえた。スタート時の天候=晴、気温10・5度、湿度50%、南南東の風1・5メートル

 誰もが目を疑った。右足に全治1カ月の重傷を負っているはずの高橋が、35・7キロすぎに満を持してスパートした。驚くライバルを尻目にぐんぐんと差を広げ、1キロで約100メートルもぶっちぎった。異次元のスピード、よみがえったダイナミックなフォーム。苦しみ抜いた2年間と決別するためにひたすら突っ走った。

 03年に失速し、アテネ代表を逃した屈辱の上り坂では、心配になって後ろを振り返った。アレムに抜かれた因縁の39キロ地点。「大丈夫。いけるよ」と沿道のファンから声が飛ぶと、元気をもらったかのようにさらに差を広げた。国立競技場のトラックでサングラスを外し両手を広げて歓喜のゴール。00年シドニー五輪を制した、あの強い高橋がついに復活した。

 月桂(げっけい)冠を授与されると目を潤ませた。「42・195キロ、途切れることのない声援を頂いた。暗闇にいた私が、夢を持つことで充実した1日1日を過ごすことができた。またここから時間が刻めそうです」。03年大会で敗れアテネ切符を逃したことで、高橋の時計は止まっていた。再び前に進むためには東京で勝つしかなかった。

 レース10日前に負傷した。主治医からは出場回避を勧告された。「不安があった」と眠れぬ夜を過ごしたが、瀬古利彦氏(現エスビー食品監督)らを担当してきたマッサージ師を呼び寄せた。痛み止めの薬をのみ、ふくらはぎにはテーピング。懸命の治療が奇跡的な回復を呼んだ。

 前半はストライドは狭く、腕の振りもぎごちなかった。給水では右足に水をかけ、消耗を防いだ。「我慢の連続だった」35キロを乗り切ると、難所の坂に差しかかる前に一気に勝負を決めた。

 2年前は自分のために走ったが、今回はかけがえのない仲間のために走った。レース2日前、故障を公表した。本番への不安がピークに達したその夜、居ても立ってもいられず手紙を書いた。小出義雄代表と決別し、6月に立ち上げたチームQのメンバーにあてたものだった。どんな結果になっても、私はみんなに感謝している――。素直な気持ちをつづった。


高橋尚子選手はすごい強さを見せた。一人トレーニングしていたが、全体を見守る人のいない中、調整は大変だったろうと推測する。

普通は一人では、自分に対する甘えがでる。それを指導者なしでやりぬき、大きな大会で優勝するなんて考えられない。

悪夢の上り坂の前にスパートをかけるなんて、相当な自信がないと出来ない。

1ヶ月の足の負傷なんて、信じられない思いです。

また強い女の登場です。男も頑張らないとね。

精神的強さ、たくましさを持ったQチャン、頑張ってね。感動をありがとう。足は大丈夫ですか。
posted by jijibat at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年11月20日

TBSとミキエモン

楽天、サイト閲覧件数が急上昇──TBS問題きっかけ


 楽天が運営するインターネットサイトで、人気の指標としてテレビの視聴率に相当する閲覧件数が伸びている。仮想商店街「楽天市場」などグループ全体のサイト閲覧件数はTBSへ経営統合を提案した10月に前月比で9%増加した。一方、ライブドアは堀江貴文社長が衆院選に出馬した9月に比べ、10月は12%も閲覧件数が減少。話題性の大きさがサイトの集客力を左右する傾向を顕著に表している。

 調査会社のネットレイティングス(東京・渋谷)によると、楽天市場やポータル(玄関)サイト「インフォシーク」など、楽天が運営する全サイトの家庭からの閲覧件数は10月に計43億件と、9月の39億件から急増した。TBS問題で注目されたことが影響したとみられる。


やはりそうか、ホリエモンのときもそうだった。フジテレビ買収事件の時も、Livedoorの閲覧数が上がった。プロ野球球団とりの頃から、閲覧数は少しづつ、上がっていた。

今回は主役が変わって、TBSと楽天三木谷社長ことミキエモンです。TBSの買収は、暗礁に乗り上げています。それでもシッカリアクセス数を稼いでいます。

広告宣伝していないが、テレビのニュースの主役になれば、その会社のアクセス数が増えます。天下のトヨタでもこういう風には行きません。トヨタがテレビに出るのは、コマーシャルとトヨタの販売台数が伸びたと言うニュースだけです。

ミキエモン今後、アクセス数のばすために、どういう手を打つのでしょうか。
posted by jijibat at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記

2005年11月19日

ブログ値段

How Much Is My Blog Worth?

によると、私のブログの値段は
My blog is worth

      $18,629.82.



だそうです。そうですか。ページランク2のブログでそんなはずないよ。たかすぎ?

上をクリックして、ブログのURLを入れてみてください。
お値段が出ますよ。ただそれだけのことですが、退屈紛れに遊んでみてください。
posted by jijibat at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

セブンイレブンとヤフー提携

ネット競売促進でセブンイレブンとヤフー提携発表


 セブン―イレブン・ジャパンとヤフーは18日、インターネットオークション(競売)の物品受け渡しや共同販促など幅広い分野で提携を検討することを発表した。コンビニエンスストアとポータル(玄関)サイトの最大手が組むことで相互に利用客を呼び込む効果が見込め、リアル(実在店)とネットを組み合わせた様々なサービス提供につなげていく。

 提携案件の柱は、ヤフー競売サイトの落札品受け渡しや代金収納をセブンイレブンの店舗が担うこと。ネット競売は取引が成立して代金を振り込んでも、商品が届かなかったり異なる商品だったりする不正行為が問題になっている。最大手のヤフーでは利用者の敬遠や監視強化で、取扱高が1日当たり16億7000万円(7―9月期)と3・四半期続けて減っていた



面白い提携だが、ヤフーでは利用者の敬遠や監視強化で、取扱高減少をこれで食い止められると思っているのだろうか。

不正の横行で、利用者の敬遠があれば、もっと不正監視システムを強化した方が、良いと思う。

根っこは、不正、詐欺にあると思うよ。信頼を失えば、利用しなくなる。そのための抜本的対策を立てるのが先と思う。

セブンイレブンじゃなくても良かったんじゃない。詐欺は、発送する商品すらない場合もあるからね。
posted by jijibat at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2005年11月18日

タバコの税金

たばこ1本の約6割が税金

「煙ではなく、税金をすっているようなものだ」とも言われる。現在は1本当たり約7.8円がたばこ税だ(国税分と地方税分を合計)。「マイルドセブン」の20本入り1箱を例に取ると、小売価格270円のうち、半分を超える157円分をたばこ税が占める。消費税まで合わせると、60%超が税金という計算になる。ただ、それでも日本のたばこ税は欧米に比べると低く、小売価格も安いと指摘されている。

 日本専売公社の民営化で1985年に日本たばこ産業(JT)が設立されて以降の20年間で、たばこ税は3度増税された。しかし、消費者の健康志向の高まりを背景に、たばこ税は減る傾向が続いている。JTの「全国たばこ喫煙者率調査」によれば、成人でたばこを吸う人の割合は2004年に29.4%となり、初めて30%を割った。喫煙者率は96年以降、9年連続で過去最低を更新し続けてきた。

 そもそもたばこ税は民営化に当たって、それまでの専売納付金に代わって「たばこ消費税」として創設された。製造業者が国税分を納め、卸売業者が地方税分を納める二本立て構造だ。

 国税庁のサイトには「間接税」の説明ぺージ内にたばこ税の課税状況を説明するデータが掲載されている。JTは自社サイト内に「たばこ税の『事実』を知ってください。」という主張のページを設け、「わが国で最も税負担率の重い商品のひとつです」「たばこの税負担は多くの愛煙家の肩にのしかかっています」などと、税率の高さに不満を鳴らしている。


すごい税金なんだなぁ。だから早めに止めた方がよいということだな。

タバコを吸う人が減れば、タバコ税収入がなくなるのだから、政府としては苦しくなる。

でもまだ、酒税があるさ、酒税も高いが、きっと持つと思っているよ政府はね。

お酒だって、飲みすぎれば、体に悪いに決まっているが、政府は安心しています。
だから、第三のビールの酒税を上げようとして、税収の増加だけを考えています。

「入るを図り、出るを減ずる」のが鉄則なのだが、出るは全く考えていません。政府のお役人さん方は、入ることしか考えていません。
posted by jijibat at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2005年11月17日

芸能人のつもり

ゲイツ氏サイン入り「ウィンドウズ」発売


マイクロソフト日本法人は12月9日、基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP プロフェッショナル アップグレード ウィンドウズ20周年記念パッケージ」を売り出す。ビル・ゲイツ米マイクロソフト会長のサイン入り書類フォルダーや、歴代の「ウィンドウズ」のロゴを印刷した切手を記念グッズとしてセットにし、20年の歴史を振り返る造りにした。

 次世代OS「ウィンドウズ・ビスタ」を体験できる「ウィンドウズ・ビスタ特別プレビュー版」も付ける。購入者はゲイツ氏のサイン入り「ウィンドウズ・ビスタ」が当たるキャンペーンにも応募できる。

 日本法人が独自に企画した。9999本の限定発売となる。16日から同社のサイトで予約を受け付ける。価格は2万8140円。同社は20周年記念企画として、記念切手の発売や米マイクロソフト訪問ツアーなども企画している。

芸能人みたいなプレミア目当てのソフトの販売だな。

そんなことしている場合じゃないよ。Googleは、いろいろなサービスを打ち出してきています。ソフトをなるべく少なくしようとしていますよ。

ソフトの牙城のマイクロソフトの外堀を埋めているのに、のんき過ぎませんか。

世界のデーターセンターになろうとしています。ソフトをGoogleが提供して、その管理もGoogleがしてくれて尚且つ、データーをいつでも引き出せるシステムを作り出そうとしているようにも見える。

ソフトにしがみつくマイクロソフト、おろおろするYahoo、ソフトの次を狙い突き進むGoogleという構図が見えてきました。
posted by jijibat at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2005年11月16日

松井秀喜

ヤンキース、松井秀と再契約で合意──4年で60億円超


米大リーグ、ヤンキースは松井秀喜外野手(31)との再契約交渉の最終期限とされた15日深夜、再契約で合意した、と発表した。松井秀は来季以降もピンストライプのユニホームでプレーすることになった。
 松井秀はヤンキースでの3シーズンで全試合に出場。打率2割9分7厘、23本塁打、110打点の平均成績を残していた。ヤンキースは、その安定感を高く評価し、4年で総額5100万ドル(約60億7000万円)という高額な契約内容に結び付いた。

すごい金額ですね。驚きを超えてしまいました。
15億円が1年間ですか、使いきれない額ですね。

バット1本で稼いだのですから、すごいですね。スポーツ選手の年俸は、ますます高騰していきますね。

庶民感覚では、考えられないお給料ですね。羨ましいです。

現在、松井は、アメリカに住んでいるので、アメリカで収入に対する税金を払っているのだろう。日本で払うのとアメリカで払うのとは、どちらが得なのかは分からない。

累進課税がどちらの国が高いかで決まるだろうが、税額控除で寄付を多めに認めているアメリカの方が、税金は安そうですね。
posted by jijibat at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(4) | 野球

トレビの泉

ローマ「トレビの泉」で硬貨盗む、清掃員4人を逮捕


 ローマの観光地「トレビの泉」に観光客らが投げ入れた硬貨を盗んだとして、イタリア警察が14日、泉の清掃員4人を逮捕した。警察は、4人の盗んだ硬貨が約11万ユーロ(約1530万円)に達すると見て、調べている。

「トレビの泉」には毎日、数千人の観光客が訪れ、ローマへの再訪を願って硬貨を肩越しに投げ入れる。泉に集まる硬貨は1日当たり数百ユーロ(数万円)に及んでいる。

泉に集まった硬貨は、清掃業者が回収し、半額をキリスト教カトリックの慈善団体カリタスに寄付されている。

しかし、最近になって寄付額が急激に落ち込んだことに気付いたカリタス側が、盗まれた疑いがあるとして警察に通報。4人の清掃員が、約1200ユーロ(約16万7000円)を持ち去ろうとしていたところを捕まえた。

「トレビの泉」の硬貨盗難事件は、今回が初めてではない。2002年には、約1万2000ユーロを盗もうとしたホームレスの男が逮捕されている。


寄付をもらう方が気がついたと言うのが、笑えます(爆)。

半額の根拠はなんなんだろう?

清掃員は、勿論悪いと思うが、寄付をもらう慈善団体カリタスもややせこいと思う。
しかも慈善という名前も冠しています。

慈善団体なのに泉の貨幣回収には、全く仕事をしていないのに、清掃員を罪人にしてしまった。

トレビの泉も皮肉なことをするもんですね。でも犯罪であることは、事実です。

このトレビの泉事件は、トレビアンでした。
posted by jijibat at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。