2005年11月09日

本田美奈子

本田美奈子.さん白血病死…闘病10カ月、38歳早すぎる別れ

 「1986年のマリリン」などのヒットで知られ、ミュージカル女優としても活躍した歌手の本田美奈子.(本名・工藤美奈子)さんが6日午前4時38分、急性骨髄性白血病のため東京都内の病院で死去した。38歳。東京都出身。デビュー20周年を迎えた今年1月、白血病が判明し緊急入院。復帰への執念で7月に一時退院するなど、闘病生活を懸命に乗り越えようとしたが、無念の若すぎる死を迎えた。

 もう1度、歌いたい−。その一念で、1メートル63、38キロの細身に抗がん剤を打ち、病魔と闘い続けた本田さん。希望と不安が交錯する中、入退院を繰り返した10カ月に及ぶ闘病生活。ファンや関係者の温かい励ましに包まれ、歌姫は静かに息を引き取った。

 「天使が天国へ戻って行ったような、眠るような最期でした」

 6日早朝、本田さんを看取った関係者はサンケイスポーツに明かした。「本人は最後まで、死ぬとは思っていなかったでしょう」と言うほど、順調に回復していた。この土日には一時帰宅まで決まっており、本田さんは「お鍋が食べたい。私は餃子を作るわ」と話していたという。

 ところが、先週3日に容体が急変。本田さんは「肺が痛い。ひどく痛むの」と訴えた。菌が肺に入ったのか、抗がん剤の副作用で衰弱しきっていた体は、急速に精気を失って行ったという。

 本田さんは今年1月12日、体調不良から受けた検査で白血病が判明した。デビュー20周年を迎え、記念アルバムやミュージカルなど、精力的な活動に乗り出した矢先。告知された際は、ショックで泣き崩れたという。

 しかし、翌日から復帰へ向け、執念の闘病生活を開始した。3度の化学治療と5月に行った臍帯血(さいたいけつ)移植で、7月30日に一時退院。翌日の誕生日を自宅で祝った。

 闘病を支えたのは、歌うことへの意欲だった。病室ではファンや共演者からの寄せ書きを毎日眺め、「たくさんの人に支えられて、私は生きている。1人でも多くの方の心が豊かになれるよう、歌い続けたい」と無菌室でストレッチを行い、医療関係者を驚かせた。

 9月に再入院した後も、病院の近くにレコーディング可能なスタジオを確保しようと所属レコード会社が動いていた。本田さんは「20年歌って、やっと1年生になれると思うの。20周年の間に、後世に残る歌を作りたい」と、芸能生活が21年目に入る来年4月21日を締め切りに定め、創作意欲をかきたてた。

 抗がん剤の副作用で頭髪は抜け落ち、バンダナを頭に巻いた写真に涙する知人もいた。だが本田さんは「私は元気よ、あなたこそ元気なの?」と電話をかけ、笑っていたという。そして、息を引き取る間際まで、「レコーディング、早く頑張らなきゃね」と、自らを奮い立たせていたという。

 最後まで、歌い続けることへの希望を持ち続けた本田さん。短すぎる38年の生涯を捧げた“天使の歌声”は、ファンだけでなく多くの人の心に残るだろう。


若い方の死は、それを聞くだけで、やるせない。

早すぎる死は、悲しく切な過ぎです。本田美奈子さんの場合も例外ではない。

ご冥福を祈ります。
posted by jijibat at 07:33 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。