2005年11月11日

中国アフィリエイト

中国のブロードバンド人口、日本に肉薄・UNCTAD調査

 中国でブロードバンド(高速大容量)通信を利用する人口が急増し、日本に肉薄している。国連貿易開発会議(UNCTAD)が10日発表した2005年版情報経済報告によると、04年末の中国のブロードバンド契約者は前年末比61%増の1694万人。日本は25%増の1866万人で、今年末には抜かれそうな勢いだ。

 世界一は米国の3789万人。統計を集計している国際電気通信連合(ITU)は昨年末、中国が首位の米国をも抜くと予想していたが、ブロードバンド普及率が相対的に低い米国でも加入者が51%増えた。

 100人あたりの普及率でみると韓国が24.6人で首位を維持。IT(情報技術)先進国を標榜(ひょうぼう)する日本も14.6人と意外に低く12位。中国はわずか1.3人で43位に甘んじた。

 インターネットの利用者全体でみると、中国は9400万人、日本が7500万人で、02年末以来中国がアジアで首位を独走している。

米国では、ブロードバンド普及率が相対的に低いとは、知らなかった。

普及率のトップの韓国は、驚きの数字です。

これからの中国は、すごいと思う。中国語のページが出来て、アフィリエイト出来れば、稼げるかもね。

頭が老化しないように、中国語でも始めようかな。
posted by jijibat at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。