2005年12月06日

天下り見返りに汚職

天下り見返りに価格漏らす 成田空港の元公団課長ら2人逮捕

成田空港の電機設備工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は5日、電機メーカー側に発注予定価格に近い金額を漏らしたとして、競売入札妨害容疑で発注側の旧「新東京国際空港公団」(現成田国際空港会社、千葉県成田市)の元工務部電気課長、客野悦志(きゃくの・えつし)容疑者(55)=千葉県佐倉市=と元工務部次長、伊藤貞夫(いとう・さだお)容疑者(57)=同県八日市場市=を逮捕し、伊藤容疑者宅を家宅捜索した。

 談合が疑われる工事のうち、特捜部は旧公団側がメーカーに職員の再就職ポストを求めたり、天下ったOBが受注増を働き掛けるなどしたケースを悪質とみて摘発した。

 旧公団側が長年にわたり複数のメーカーとの間で受注調整を繰り返していたとみて“官製談合”の全容解明を進める。また防衛施設庁ルートについても捜査を続ける。

 工事を受注したメーカーの担当者は容疑を全面的に認めているほか、談合を主導したのは旧公団側であることから、在宅で起訴する方針。

 調べでは、客野容疑者らは東芝(東京都港区)、日新電機(京都市右京区)、富士電機システムズ(東京都品川区)の3社の営業担当者と共謀。2003年7―12月に実施された成田空港の3つの受変電設備工事の入札に先立ち、各社の担当者に予定価格に近い金額を漏らし、公正な入札を妨害した疑い。

 各入札は3社が予定価格に迫る高額で落札。旧公団側は特捜部の任意の調べに「メーカーとの直接交渉で価格を下げさせようとしていた」などと供述したが、メーカー側は民間工事より高率の粗利益を得ていたという。

 伊藤容疑者は旧公団で、客野容疑者の前任の電気課長。異動後も上司の立場にあり、客野容疑者がメーカー側に価格を漏らしていたことを了承していたとみられる。

なんなんだこの状態は!

天下りを見返りに

ひどすぎる話だ。こんな役人は、天下り先でもつかえない。全く実力もない。こんなやつ、役人として飼っておく必要もない。単式簿記しか分からない連中が、複式簿記見たって、分かりゃしないよ。

無駄な役人天国、サービス業だぜ。
posted by jijibat at 10:57 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

警視庁姉歯事件で動く

国交省、姉歯建築士を告発…来週にも一斉捜索

 耐震強度偽装問題で、国土交通省は5日、構造計算書の偽造により強度不足の建物を建てさせた建築基準法違反の疑いで、姉歯建築設計事務所(千葉県市川市)の姉歯秀次・1級建築士(48)を警視庁に告発した。

 これを受け、警視庁と千葉、神奈川両県警は今週中に合同捜査本部を設置したうえ、来週にも、姉歯建築士の事務所など関係個所の一斉捜索に乗り出す方針。同問題は先月17日の表面化から1か月を待たずに、刑事事件に発展する見通しとなった。

 今回、国交省が告発対象として絞り込んだのはいずれも完成済みの都内の建物で、「グランドステージ稲城」(稲城市)、「グランドステージ東向島」(墨田区)、「STAGE大門」(港区)のマンション3棟と、ホテル「京王プレッソイン茅場町」(中央区)の計4棟。

 告発状によると、姉歯建築士は、2003年2月〜04年6月の間に建築確認が行われた4棟の構造計算の際、地震で建物にかかる外力の数値を小さくするなどして構造計算書を偽造。耐震強度が基準に満たない建物を建てさせた疑い。

 同省では、4棟の建築主や施工業者などが、今回の問題の主要な関係当事者を含んでいるとして、告発対象に選定。稲城市と墨田区の2棟の分譲マンションは開発会社「ヒューザー」(東京都千代田区)が建築主で、港区のマンションと京王プレッソインは実質的な設計、施工をいずれも熊本県八代市の建設会社「木村建設」(破産手続き中)が請け負っていた。

 同省の再計算では、4棟の耐震強度は必要な基準の26〜33%しか満たしておらず、いずれも震度5強の地震で倒壊の恐れがある。

 国交省では5日現在、全国の計55棟で構造計算書の改ざんを確認しており、コンサルタント会社「総合経営研究所」(千代田区)が関与したものを含め、4棟以外の物件についても警視庁などの要請に応じて、資料を追加提出する方針。また、木村建設の関連会社の「平成設計」など元請け7社についても近く同法違反で追加告発する。

 同省建築指導課では「姉歯建築士は、破格の設計料を得るなどの利益は得ておらず、なぜこうした偽装を行ったか、捜査当局には全容を解明してほしい」と話している。

          ◇

 千葉県は5日、姉歯建築士に対する聴聞を開いたが、姉歯建築士は「健康上の理由」で欠席した。同県は「本人に弁明はない」と判断、県建築士審査会の同意を得て、姉歯建築設計事務所の登録を取り消した。


ついに、告発を受け、警視庁が動いきはじめる。

告発がないと、司直は動けないからな。

詐欺罪適用を踏まえながら、情報収集して、いずれ逮捕に向かうのだろう。

木村建設、総研、ヒューザーの関係は、徹底的に洗いなおして欲しい。

こんなおかしな事件はないよ。捜査権がないと追求できないことは、火を見るより明らかだ。
やはり警察に捜査の対象にしてもらわないといけない。経済犯なので、捜査2課の出番でもあると思う。


posted by jijibat at 07:57 | Comment(11) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。