2006年01月14日

村上ファンド松坂屋の筆頭株主

村上ファンド、松坂屋株5%強保有・筆頭株主に浮上か

村上世彰氏率いる投資ファンド(村上ファンド)が松坂屋の株式を買い増し、昨年12月末時点で発行済み株式数の5.46%を保有していたことが13日分かった。昨年8月末時点で5.2%を保有していた第一生命保険を抜き、筆頭株主に浮上した可能性がある。

 13日付で提出された大量保有報告書によると、村上ファンドが保有する松坂屋株数は932万9000株。同ファンドは昨年8月末時点で3.14%を保有していたが、その後、買い増したことになる。

 村上ファンドは阪神電気鉄道や西武鉄道など、有効活用が見込める不動産を豊富に持つ企業へ積極的に投資している。個人消費の回復などで松坂屋の業績は好調で、東京・銀座店など店舗用地の含み益も多い。松坂屋は「村上ファンドからの株主提案など接触はない。企業価値の向上に努める」(広報担当)とコメントしている。

 同日提出の報告書では村上ファンドが昨年TOB(株式公開買い付け)を仕掛けて失敗した新日本無線の株式を5.48%まで買い増したことも判明した。TOBを発表した昨年11月時点では、2.56%を保有しているとしていた。

村上ファンドが新年早々に松坂屋の筆頭株主になっていた。

松阪屋への接触はないようだが、注目の人だから、注意が必要かも知れない。
posted by jijibat at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。