2006年01月23日

ライブドア、自社株売却チャート図押収

ライブドア、自社株売却で「不正の連鎖」・チャート図押収

 ライブドアグループの証券取引法違反事件で、同グループによる一連の企業買収の「チャート(取引の仕組み)図」の存在が22日判明し、ライブドア側が複数の投資事業組合を介在させて、株やカネの流れを分かりづらくしていた疑いが濃厚になった。東京地検特捜部は今後、堀江貴文社長(33)らの聴取を通じ、自社の株価をつり上げては売却し、売上高に付け替えていた「不正の連鎖」の実態解明を急ぐ方針だ。

 自社株売却による巨額の利益を還流させる仕組みの舞台となったのは、本体や関連会社ライブドアマーケティング(LDM)が2003年秋以降に発表した6件の企業買収だ。一連の買収は株式交換の形がとられたが、特捜部の調べや関係者によると、案件によって手順に違いはあるものの、いずれの場合も買収先の旧株主には現金が渡され、交換名目で発行した新株は、ライブドアが実質的に運営する投資事業組合に渡った。

特捜は、ライブドアの自社株売却チャート図を押収した。
見込み捜査をしない特捜ですから、証拠を既に握っていた上での、前回の家宅捜索ですから、
その家宅捜索でチャート図が見つかったことは、特捜から見れば、証拠をより確かにするチャート図であります。

ホリエモン窮地に立っているのは、確実だ。今週中にもホリエモンの事情聴取も予定されているので、逮捕は意外と早いかも知れません。
posted by jijibat at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。