2006年01月28日

Get2Cashでの換金

Get2Cash!! のフォーラム会員掲示板で支払いされていませんと言う記事が載っています。

かの有名な2チャンネルでも話題になっています。●●●●●Get2Cash!!●●●●●

社長である、柴田真栄は、所在が分からないらしい。 楊 真 Yang J Winston という別名も持っているらしい。

品川駅港南口前のインターシティA棟28Fに
弊社日本オフィスがございます。

代表者 :  柴田真栄(President & CEO)
資本金 :  US$100,000
設立 :  2005年04月05日
事業内容 : Check Casher(小切手換金業務)
Foreign exchange(外貨両替)
Foreign Currency Dealing(外貨取引)
Gold Exchange and Trading(地金換金・取引)
主要取引先銀行 : HSBC US N.A
Citi Bank N.A
Union Bank of California
東京三菱銀行
Registered of Money Service Business in US Department of the treasury
東京都公安委員会許可第304360405691号

しかし住所は、サーブコープ で日本・
東京でクリックすると品川インターシティ A棟が出てきます。
品川インターシティ A棟
Tel (国内から): (03) 6717 4500
Tel (海外から): (813) 6717 4500
Fax: (813) 6717 4545

東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟 28階

大阪でクリックすると、
ヒルトンプラザウエスト
オフィスタワー
Tel (国内から): (06) 6133 5700
Tel (海外から): (816) 6133 5700
Fax: (816) 6133 5757

大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエスト
オフィスタワー19階
という大阪事務所が出てきます。

これはサーブコープバーチャルオフィス - オフィスを借りずにオフィス機能のすべてを利用できるのだそうです。

詐欺のような気がします。現在換金できないどころか、誰もいないようです。
ご注意下さい。




posted by jijibat at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

東横イン

東横イン、無断改造など15ホテル…全121棟調査へ

 大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(東京都大田区)が、ホテルの駐車場を完了検査後に撤去し、無断でロビーなどに改造していた問題で、横浜市や大阪市など全国15ホテルで無断改造が行われたり、身体障害者用の駐車スペースが設けられていなかったりしていたことが27日、分かった。

 横浜市などは是正指導や調査を行っており、同社の西田憲正社長は「来週中に全国121のホテルを調べて公表し、行政の指導を受けて直したい」との考えを明らかにした。

 同社は、横浜市中区の「横浜日本大通り駅日銀前」に加え、港北区の「新横浜駅前本館」でも改造していたことを明らかにした。市によると、「新横浜駅前本館」では4台の駐車場が必要だが、敷地内にあった2段式の機械駐車設備がなくなっていた。同社は、2002年3月のオープン後、隣接地に新館が完成することになったため、敷地内の機械駐車設備を外したという。市の福祉のまちづくり条例で設置が求められている身体障害者用の部屋もなかった。

 横浜に加えて各地でも同様の問題が発覚。大阪では、「梅田中津」(大阪市)や「堺東駅」(堺市)など計5棟が市の完了検査後に駐車場がロビーやホールに改造されたり、撤去されたりしていた。島根県出雲市の「出雲市駅前」や鳥取市の「鳥取駅南口」では、障害者用客室1室が工事完了検査後に貸し会議室などに改造されていた。

 昨年8月にオープンした金沢市の「金沢駅東口」は、市が昨年8月に工事の完了検査を行った際、設計書にあった身体障害者用駐車スペースを示す表示がなく、指導。その後、壁に表示を行った写真がホテルから提出され、市は検査済証を交付したが、現在同スペースはなくなっている。長野県上田市の「上田駅前」や埼玉県草加市の「草加駅西口」、さいたま市大宮区の「さいたま新都心」でも同スペースがなかった。兵庫県の「神戸三ノ宮1」(神戸市)などは点字ブロックなどが設置されていなかった。

          ◇

 東横インの加藤敏子営業企画部長は27日、横浜市に呼ばれて事情を説明した後、市役所で会見し、市の完了検査(昨年12月)後に駐車場を撤去した「横浜日本大通り駅日銀前」について、「昨年9月に駐車場を撤去することを考え、社内で話し合った」と、検査前から撤去する方針だったことを明らかにした。

東横インのひどい話がニュースです。

東横インの社長のインタービューを見ていたら、無責任極まりない発言をしていました。ここも利益優先の考え方の会社のようです。

建て主がこの考えであれば、やはり施工会社も影響を受けるし、施工会社が姉歯事件のような考えであれば、建て主も影響を受けるでしょう。

相互に影響しあって、最後は法律違反です。建築を取り巻く膿を出し切った方が、良いと思われるくらい、腐りきっています。

東横インは企業として残れるのだろうか?
posted by jijibat at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(7) | 経済

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。