2006年02月28日

永田寿康議員

永田議員「まことに申し訳ない」・立証できずと陳謝

民主党の永田寿康議員は28日午後、「送金メール問題」で記者会見し「情報の信ぴょう性を立証できなかった」と正式に表明。「まことに申し訳ありませんでした」と陳謝した。自身の進退については鳩山由紀夫幹事長に一任する考えを表明した。

永田氏が陳謝 党員資格半年間停止へ

民主党の永田寿康衆院議員は28日午後、国会内で記者会見し、ライブドアの送金指示メール問題について「多くの皆さんにご迷惑を掛け、国会を混乱させたことをおわびする」と陳謝した。メール情報の入手経路などを説明、「最終的に情報の信ぴょう性の立証ができなかった。非力を恥じ、迷惑を掛けたことをおわびする」と述べた。

 ただ、入手したメールの真偽については「内容が全くの事実無根であるのか、一定程度の事実を含んでいるのか、さまざまな調べが残っている」と述べ、言及を避けた。メールの送受信者が同一人物だったことは、予算委員会の質問段階では「全く知らないことだった」と述べた。自らの進退問題については鳩山由紀夫幹事長の判断に一任し、与党が提出した懲罰動議には「国会の論議、審議の結果に従う」と述べた。

 また自民党の武部幹事長と二男に対し「ご迷惑を掛け、申し訳なく思っている」と謝罪した。

 民主党は28日、永田議員を半年間の党員資格停止処分とする方針を固めた。


これが陳謝会見ですか?

東大出て居るんだねこの人?

早とちりの資質があるんだね。お粗末な政治劇だった。

けじめのつけ方が問題です。杉本泰蔵よりましなのだろうか?

出るのはため息のみです。

民主の野田国対委員長、送金メール問題で引責辞任


民主党の野田佳彦国会対策委員長は28日午後の役員会で、送金メール問題で国会を混乱させた責任を取り辞任する意向を示し、役員会で了承された。

これで幕引きです。
posted by jijibat at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2006年02月27日

民主党ドタバタ

民主党ドタバタは、醜い。

メールの送受信者が同一人物(フリーのライター)であったことが判って、民主党が謝罪の会見をする、とのことだが・・・、

そういうのは先によく調べてから追求するモンだよね。

東大出の代議士の書いた、答案が幼稚園以下の内容だった。

京大出の代表もそれを支持したから、引っ込みがつかなくなって、どうしようもない。

辞職して出直しをする勇気もない。男の子なのだろうか?

民主党のドタバタは、いつまで続くのだろう。もう飽きてしまったよ。
posted by jijibat at 09:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治

2006年02月24日

荒川静香

トリノ冬季五輪第14日の23日(日本時間24日朝)、フィギュアスケート女子で荒川静香(24)=プリンスホテル=が金メダルを獲得し、不振が続いた今大会の日本にようやく初メダルをもたらした。

やっと取れたメダルです。

口先で大口叩いていた連中も居たが、静かにしっかりやることをやってのけたのは、女の子でした。

いままでの努力が実ってよかったね。

男は弱すぎだね、スポーツ界、背負っていけるのは、元気な女の子だけみたいだね。

天晴れです、すこし古いが、殊勲甲です。お見事!

荒川静香、この名前は忘れない。

トリノでやっとメダルが取れた。やった、荒川静香ちゃん!
posted by jijibat at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月23日

代表者

ライブドア、山崎取締役に代表権――熊谷氏逮捕で

ライブドア(4753)は22日、熊谷史人代表取締役(28)が証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕されたことを受け、代表権を山崎徳之取締役(34)に異動したと発表した。熊谷容疑者については、取締役の辞任届を受理していないため引き続き取締役にとどまっている。同社では14日の取締役会で、代表取締役が逮捕された場合には代表権を移動することを決議していたという。

元代表取締役熊谷が28歳、新代表取締役山崎が34歳か?

これで危機的状況を打破出来る知恵があるのかな?代表権は、絶対に渡さない理由はなんなんだろう。

執行部が逮捕しまくれて、会社経営もないだろう。
posted by jijibat at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年02月22日

ホリエモン発言

堀江被告「黒字にしろ」発言認める・ライブドア決算

 ライブドアグループの証券取引法違反事件で、同社が粉飾したとされる2004年9月期決算について、前社長、堀江貴文被告(33)が東京地検特捜部の調べに対し「『赤字は駄目だ。黒字にしろ』とは言った」と供述していることが21日、関係者の話で分かった。利益の付け替えなどの不正行為については「していない」と否定しているという。

 今月13日に証取法違反(偽計など)罪で起訴された後も拘置が続いている堀江被告の事件に関する具体的な供述が判明したのは初めて。ライブドア本体の粉飾決算について、特捜部は21日までに堀江被告らを同法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で再逮捕するとみられていたが、粉飾額について詰めの捜査が続いた。22日にも再逮捕するもようだ。

ホリエモンが、「黒字にしろと」発言したと特捜情報を流しています。

会社経営のため、全員に会社を「黒字にしろ」と言う発言はあったと思うが、粉飾決算をするのに「黒字にしろ」と言ったとでは違います。

意図的情報操作を感じます。ところで調書としてできあがったものなのでしょかね。
posted by jijibat at 09:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月21日

医師募集

ハンガリー国立大医学部、日本から留学生30人受け入れ

 医師を目指す熱意ある学生よ来たれ――。ハンガリーの国立大3校の医学部がこのほど、日本からの留学生計約30人を受け入れることになった。入学選抜では成績以上に“心意気”を重視。日本の私立大より格安の学費も魅力だ。

 受け入れるのは、セメルイス、セゲド、ペーチの各国立大。対象は高卒か今春卒業見込みの学生で、入学は今年9月。予備コース(1年間)と医学部(6年間)でいずれも各5人ずつ募集する。

 医学部は、TOEFL500点以上の英語力が必要だが、予備コースは高校の成績など書類審査と面接で選抜。医学部の授業に対応できる英語力や基礎学力を1年間かけて身に付けた後、医学部に進級する。

 初年度費用(入学金と授業料)は予備コースが約140万円。医学部が約180万円で6年間でも約700万円と日本の私大に比べて格安だ。

 ハンガリーの国立大医学部は約20年前から英語で授業を行っており、医学水準も高い評価を受けているという。

医師には、お金をかければなれるだろうが、名医にはなれまい。

資格とは、お金で買うものではないと思う。
posted by jijibat at 14:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月17日

送金指示メール

送金指示メール「民主に立証責任」、政府・自民が批判

 ライブドア前社長の堀江貴文被告が社内メールで自民党の武部勤幹事長の二男への資金提供を指示していたと民主党の永田寿康氏が指摘した問題について17日、政府・自民党から民主党の立証責任を問う声が相次いだ。自民党は民主党が具体的な証拠を示さなければ、永田氏の懲罰動議提出も辞さない構え。民主党も反発しており、対立が深まっている。

 衆院予算委員会は同日午前、谷垣禎一財務相や与謝野馨金融担当相らが出席し、ライブドア事件や金融分野をテーマにした集中審議を行った。財務相は「立証責任が資料提供側にあるのは当然だ」と指摘。安倍晋三官房長官も閣議後の記者会見で「永田氏の発言の責任は重い。メールが本当に存在するのか立証しなければいけない」と要求した。

 集中審議では民主党の馬淵澄夫氏が質問に立ち、永田氏の指摘を小泉純一郎首相が「ガセネタ」と述べたことを「一国の首相の発言として不適切だ」と批判した。これに対し、財務相は「風説を根拠にしているのではないかと憂いている」と表明。金融相や竹中平蔵総務相も同調した。

送金指示メールが、あれば面白い。指示メールが、本物かどうかでまた争うでしょうが、それを機に、特捜が動けばよいと思う。

送金場所の特定は、素人では、無理かも知れない。

政治家は、すぐに身の潔白を主張するために、証人喚問に応じるような習慣がついた方が良い。証人として自らでる意識を持った人が政治家になるべきだろう。
posted by jijibat at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(3) | 政治

2006年02月15日

ホリエモン起訴

ライブドア、粉飾を本格捜査へ──堀江容疑者ら起訴

ライブドアグループの証券取引法違反事件で、関連会社ライブドアマーケティング(LDM)の株価つり上げを狙って虚偽の買収情報を公表したなどとして、東京地検特捜部は13日、ライブドア前社長、堀江貴文(33)ら4容疑者と、法人としての同社とLDMの2社を同法違反(偽計、風説の流布)罪で起訴した。特捜部は来週以降、ライブドア本体の粉飾決算疑惑の捜査を本格化するとみられる。

堀江被告は全面否認を続けている。特捜部は同被告らの拘置を起訴後も継続し、ライブドア本体の2004年9月期決算を粉飾したとされる同法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で追及するとともに、熊谷史人代表取締役(28)の責任についても解明を進める方針。

ライブドアの同月期決算を巡っては、株式交換名目で発行した新株の売却収入数十億円を還流させ、同社の利益に不正に付け替えるなどの粉飾が行われていたことが判明。同社は複数の投資組合や海外口座を駆使し、資金の流れを隠ぺいしていたとされる。

起訴をされたが、ホリエモンは、2枚の調書にしかサインしていません。特捜はそれでも公判維持に自信を持っている。

さらに容疑を広げて再逮捕、また起訴する予定で、特捜は臨むという姿勢である。

なぜホリエモンは頑なに調書を拒否しているのだろうかね。

宮内など他の容疑者の自白で、外堀は埋め尽くされていると思うのだが、執行猶予をつけるためにも、調書にサインした方が、妥当と思うのが、一般的と思う。

しかしホリエモンは、サインしない。その理由は、拘置所の方が安全だからではないのかな。
マネーロンダリングしていたら、絶対拘置所内に居る方が安全だと思う。

ホリエモンの身の安全を保証するには、拘置所の中が一番安全であるから、特捜もホリエモンも拘留期限が長くなるように、お互いが合うんの呼吸で、いるのかな。
posted by jijibat at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月10日

多く読まれた記事06年1月

ジジニュースの記事の中で
1.野茂 英雄 結婚 離婚
2.姉歯建築設計事務所
3.NHK受信料不払い
4.萩原健一
5.警視庁姉歯事件で動く ベスト5です。1月中で一番読まれた記事です。

05年12月では、
1.姉歯建築設計事務所
2.カテゴリ:日記
3.ヒューザー、木村建設の責任
4.NHK受信料不払い
5.萩原健一
でした。
posted by jijibat at 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月09日

消費者ローン

金融庁、消費者ローンの借り手保護を強化

金融庁は8日、貸金業規制法の施行規則(内閣府令)を改正すると発表した。消費者金融業者などが利息制限法の上限を超える金利を取ることに枠をはめた最高裁判決を受けて、超過金利分の返済が遅れても残額の一括返済を求めないことを契約書に明記させるなど借り手保護を強化する。

 利息制限法の上限(年15―20%)を超す金利が認められるのは、出資法の上限(年29.2%)を超えず、借り手が任意に返済した場合などに限られる。一方、消費者金融の多くは、返済が遅れれば一括返済を求めるという特約を付けている。最高裁は借り手が一括返済を避けるために超過金利の支払いを強制されてしまうような仕組みは認められないとの判断を示した。

 利用明細の記載ルールも見直す。貸金業規制法では、貸し手が利用者から返済を受けた際に渡す書面に、契約年月日や貸付金額を記載するよう義務づけている。内閣府令は契約番号を書けば省略できるとしていたが、最高裁判決で違法と認定されたため、この規定を取り消す。

消費者ローンは、随分高い金利でむさぼり食べている。
公定歩合の変動など関係ない金利高です。高利貸し並みでしょう。

その消費者ローンと大手銀行の提携も進んできています。銀行も見てみぬふりです。

そこに生活の安全が脅かされる要素があるように感じます。
posted by jijibat at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

走行中のバス車内におけるブロードバンド接続実証実験

ルートなど、走行中のバス車内におけるブロードバンド接続実証実験

 ルートは、IEEE 802.11b/gとPHSに対応したモバイルルータ「RTMR2400」の受注を2月7日から開始した。同製品は2月15日より開始される「福岡ITバス(FITBUS)」の実証実験に採用されている。

 RTMR2400は、インターネットイニシアティブ(IIJ)、ノバテックと共同開発したモバイルルータ。モバイルIPを採用したハンドオーバーや認証技術により、時速300kmの移動中でもネットワークが途切れることなくスムーズな通信が可能なほか、位置情報を利用したトラッキングサービスや位置案内も可能だという。

 本体サイズは95×139.5×33mm(幅×奥行×高)、重量は500g。10BASE-T/100BASE-TX×2ポートとUSB 2.0×2ポート、IEEE 802.11g準拠の無線LAN機能を搭載し、オプションでIEEE 802.11aにも対応する。

 2月15日より行なわれるFITBUSは、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)の先進技術型研究開発助成金事業の下、ルートが参加するITBUS協議会が西日本鉄道、西鉄エージェンシー、九州通信ネットワーク(QTNet)の協力を得て実施するもの。ルートのモバイルルータを用い、走行中のバス車内におけるブロードバンド情報サービスの実証実験が行なわれる。

 実証実験の期間は2月15日から3月31日で、福岡市の天神・博多地区を走る西鉄100円循環バス10台にモバイルルータと液晶ディスプレイを設置、バス経路には無線LAN基地局9局を用意してバス車内にインターネット接続環境を構築する。モバイルルータのハンドオーバ機能により、バスの乗客へリアルタイムな情報や広告、運行情報などを提供するほか、天神大丸前バス停には運行情報や緊急情報などを提供する表示装置を設置する。

今後更に便利になりそうな実験だと思う。

どこでも、どんな乗り物でも常時接続が可能になると良い。

携帯だけでない、他のモバイルが出てくるかも知れない。PCの小型化が進むのかも知れません。

携帯の大型化が進んでいくのかも知れません。

車搭載ナビも影響を受けるかも知れません。
posted by jijibat at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月08日

秋篠宮妃紀子さま

秋篠宮妃紀子さま 第3子ご懐妊

秋篠宮妃紀子さま(39)が第3子を懐妊されたことが7日、分かった。宮内庁関係者によると、現在妊娠約6週間で、今年9月か10月に出産予定。経過は順調とみられる。男子が誕生すると、皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに続く第3位となる。女系天皇の容認を盛り込み、今国会で提出される予定だった皇室典範の改正法案は、識者や政府内でも紀子さまの出産まで“凍結すべき”とする声が出始めている。

皇室典範の改正法案の行方を左右しかねない問題になりそうである。

雅子さまいじめの気がする。

雅子さまが可愛そうですね。

何も今頃、子供を持たなくっても良いのにな。ご懐妊がニュースになる、これが異常事態です。男を望んでも、女ばかり授かるのは、世の常なのになぁ。男の子を確信しているのかな。
posted by jijibat at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年02月04日

阪神百貨店

M&Aコンサルティング(村上ファンド)の村上世彰代表は、発行済み株式総数の約40%を保有する阪神電気鉄道株の株を上げたいようだ。

最近の報道では、阪神百貨店のM&Aを考えていると言われています。

球団などどうでもよいということで、真の狙いは、阪神百貨店だということです。

そうだろうな、こちらの方が規模も大きいし、目標としてもおかしくはないよな。
posted by jijibat at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ホームセンター

ホームセンター攻勢鈍化・異業種と競争激化

郊外型の大型小売店であるホームセンターの出店攻勢が鈍ってきた。スーパーなどの市場を奪いながら成長してきたが、大手9社が2006年度に予定する出店数は計140店弱と、05年度見込みに比べ10店ほど減少する。業界全体の店舗数も昨年、初めてマイナスとなった。人口減時代を迎え、商業集積の市街地回帰が予想されるなか、郊外型消費をリードしてきたホームセンターの事業モデルに転機が訪れている。

 売上高1000億円を超す9社の出店計画を集計した。06年度に大幅に新店数を減らすのは2位のコーナン商事。年間30店前後のペースで出店していたが、05年度は当初計画の30店を下回る20店程度。さらに06年度は13店へ減らす。関東を地盤とするケーヨーの来年度の出店計画は2―3店にとどまる。04年度実績と比べ5分の1以下だ。

ホームセンターの出店が鈍化した。

商業集積の市街地回帰が予想されるというが、本当に市街地回帰なるのだろうか。
たしかに、お年寄りには、市街地が生活しやすいが、市街地にいるのはお年寄りが多い。しかし市街地から転出したお年寄りが市街地に買い物に来るだろうか。自動車を持たないお年寄りの場合なお更だと思う。
posted by jijibat at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2006年02月03日

ヤフーがヒルズから移転

六本木ヒルズ族であるヤフーだが、ライブドアの不祥事のあおりを受けてヒルズから移転を図った方が得策と判断した。

旧防衛庁跡地に立つ予定の三井系のビルへの移転を決めたそうです。

おなじヒルズ族とくくられるのが、嫌なので、転出移転を考えたそうです。
心情は、よく分かるような気がしますが、移転費用もお高いのでしょうね。でもそれでもメリットがあるのでしょうね。
posted by jijibat at 17:08 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

松坂屋

村上ファンド、松坂屋に全従業員解雇や閉店を打診

百貨店の松坂屋(名古屋市)が、筆頭株主で、元通産官僚の村上世彰氏率いる投資ファンド(通称・村上ファンド)から、全従業員の解雇や銀座店(東京)の閉鎖などを非公式に打診されていたことが2日、分かった。松坂屋幹部は「(もの言う株主と)うわさには聞いていたが、あまりに非常識」としている。

 関係者によると、ファンド側から打診があったのは昨年12月。松坂屋の担当役員が、大株主のファンド側を表敬訪問した際、「松坂屋の同意が得られれば」などとして、村上氏が雑談のなかで持ち出したという。

 一方、ファンド側は「経営陣や従業員による自社株買収などの提案」としている。退職金などをもとに従業員らが株主となる別会社を作り、そこが松坂屋を経営するなどの仕組みだ。

 松坂屋の岡田邦彦社長は今年1月、「企業価値を高める良い提案があれば、真摯(しんし)に受け止め参考にしたい」とコメントしていたが、この申し出について同社側は「検討に値する株主からの提案とは受け止めていない」としている。

 村上ファンドは昨年8月末時点で松坂屋の第4位株主に浮上。同12月末時点では5.46%を保有する筆頭株主となった。ファンド側はこのほか、10年のリニューアルを目指して松坂屋が進めている銀座店周辺の大規模再開発に関心を示したという。

本当の話なのだろうか。ウラを取った話しなのだろうか?

筆頭株主にこんな権利があるのだろうか?

全従業員の解雇や銀座店(東京)の閉鎖を非公式に打診ということは、何を意味するのだろう。これで解雇されれば、従業員の心はむなしいだろう。続きを読む
posted by jijibat at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月01日

防衛施設庁を解体

防衛庁長官「防衛施設庁を解体」・辞任は否定

額賀福志郎防衛庁長官は1日午前の参院予算委員会で、入札談合事件の舞台となった防衛施設庁について「解体してチェック体制、透明性をもった形で問題を処理するのが最も大事だ」と述べ、再発防止のため施設庁を解体する考えを表明した。防衛庁は外部有識者を交えた検討会で具体案を詰め、2007年度予算の概算要求に組織改編を盛り込む方向で調整する。

 額賀氏は談合事件について「国民の信頼を裏切ることで、ざんきに耐えない」と謝罪したが、自身の進退については「新しい出発体制にするのが私の責任だ」と辞任する考えのないことを強調した。小泉純一郎首相も委員会答弁で「額賀長官が意欲を示しており、今後再発防止に向けて政府を挙げて取り組んでいく」と表明した。

 額賀氏はこれに先立つTBS番組で、施設庁の組織見直しについて「(解体)するつもりでなく、解体して出直しを図る。これだけの事件を起こし、しかも組織ぐるみであることが明らかになっている。施設庁を解体するのが国民の期待であるし、私もそう決断したい」と明言した。

防衛施設庁を解体して、それを見届けてから、辞任しますと言った方が単純でかっこよいと思う。額賀長官も考えておいてください。
posted by jijibat at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。