2006年04月14日

捜査陣姉歯逮捕に

姉歯元建築士、建築基準法違反容疑で逮捕へ・小嶋社長来週聴取


耐震強度偽装事件で、警視庁などの合同捜査本部は14日、構造計算書を偽造して耐震強度不足の建物を建てさせたとして、姉歯秀次・元1級建築士(48)を建築基準法違反(構造耐力不足)の疑いで月内にも逮捕する方針を固めた。一方、マンション販売、ヒューザー(東京・大田、破産手続き中)の小嶋進社長(52)から来週中に任意で事情を聴く。

 昨年11月の事件発覚から約5カ月。住まいの安全を大きく揺るがせた事件は新たな局面を迎える。

警察がいよいよ動き始めて姉歯を逮捕することを決めました。

長いことかかったもんですね。逮捕しなければ、市民の不興を買うし、それだけの資料を見つけなければ、逮捕も出来ないジレンマだったろうな。

決め手は何んだったのかな。

証拠物件は未だにあるし、簡単そうだが、前代未聞の事件だから、方針を決めるのが遅れたのかな。

長い間お待たせという感じでした。
posted by jijibat at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

シューマッハーどこに行く

ルノーがM・シューマッハー獲得に食指と、独紙報道


自動車レースのフォーミュラ・ワン(F1)に参戦するルノーが、7度の総合優勝歴を持つフェラーリ所属のミヒャエル・シューマッハー(37、ドイツ)の獲得に興味を持っていると、シューマッハーのマネジャー、ウィリ・ウェバー氏が13日、ドイツ紙ビルトに述べた。

しかし、シューマッハー本人が移籍を含めた来季以降の去就についてまだ決めていないとして、「ルノー側には、ミヒャエルが心を決めるまで、どうするかは誰にも話さないと伝えた」と語っている。

シューマッハーのフェラーリとの契約は、今季までとなっている。

ルノーは昨季、史上最年少で年間総合優勝したフェルナンド・アロンソ(24、スペイン)らの活躍で、製造者部門を初制覇した。今季も、開幕から3連勝している。しかし、アロンソが来季からマクラーレン・メルセデスに移籍することが決まっており、正ドライバーの獲得が課題となっている。

M・シューマッハーに食指を動かしているルノーだが、私は移籍が実現する可能性が高いと思う。

去年のフェラーリの新しいF1マシーンはあまり調子が良くないので、快調なルノーの方が優勝する可能性が高いと思う。

優勝して、引退する花道を飾りたいとシューマッハーは思うに違いないというのが、その根拠です。
posted by jijibat at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。