2006年05月31日

官僚機構の粉砕

首相「村瀬長官の下で全容解明」・社会保険庁不正で


小泉純一郎首相は31日午前の参院本会議で、社会保険庁による国民年金保険料の不正免除問題について「極めて遺憾。引き続き村瀬(清司)長官のもとで全容解明と再発防止に万全を期したい」と述べ、自らが民間から長官に登用した村瀬氏の指揮下で今後も組織改革に取り組む考えを示した。

この指示の仕方では、本気に官僚と対峙しようと思えない。

長官更迭して、直接首相自ら社会保険庁長官に就任するべきだと思う。

そして官僚機構の粉砕を図るべきだった。

人事のようなことばかりやっていては、改革など出来やしない。

とぼけた指示だと思う、前科のある社会保険庁なのだからこそ、陣頭作戦の方が良い。

税金の徴収にかならず響く悪い先例を残した。
posted by jijibat at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2006年05月30日

陸自の医官派遣

ジャワ地震で自衛隊派遣、医療支援へ200人規模

政府は29日、インドネシアのジャワ島中部で起きた大地震の被災民支援のため、自衛隊を現地に派遣する方針を決めた。同国政府からの医療支援の要請を受けたもので、国際緊急援助隊派遣法と自衛隊法に基づく措置。陸自の医官ら200人規模で援助隊を構成、海自輸送艦や空自輸送機の活用も検討する。6月初旬に派遣命令を出す方針で、先遣隊が30日にも出発する。

 両法に基づく自衛隊の海外派遣は、2005年10月のパキスタン地震以来で8回目。2004年末に起きたスマトラ島沖地震とインド洋大津波の際もタイやインドネシアなどに派遣した。

陸自の医官派遣は、異議はない。

どうしてこういうとき陸自医官なのだろうか。

海自、空自の医官は派遣しないのだろうか?

部隊ごと駐屯地にいる陸自の方が、派遣しやすいのかも知れない。

陸自医官は、何を考えるのだろうか?
posted by jijibat at 11:44 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記

2006年05月27日

米ネットに3強収束か

米ネット、3強軸に集約・ヤフー、グーグル、マイクロソフト

米ネット業界でヤフー、グーグル、マイクロソフト(MS)の3社を軸にしたグループ化が進んできた。3社はそれぞれパソコン、通信、メディアなど多様な企業と相次ぎ提携。提携先の利用者に自社のサービスを使ってもらい、急成長するネットサービスの顧客獲得競争で優位に立つ考え。ハイテク業界ではインテルとMSの「ウィンテル連合」による一極構造が長く続いたが、ネット3社が覇権を争う構図が強まってきた。

 グーグルは25日、デル製パソコンにグーグルの検索ソフトを標準搭載することで合意した。デルは世界パソコン市場で19%のシェアを持つ最大手。現在もグーグルのサイトからソフトを無料で取り込めるが、標準搭載により顧客の手間を省く。デルの2005年の世界販売は3700万台にのぼり、グーグルは提携を通じ、デルの利用者をグーグルの検索サイトに誘導する狙いだ。

それぞれが相手を求めて提携しあって行くようですね。

三つ巴戦です。それぞれ弱いところを持っているので補強の意味合いもあるのだろう。
posted by jijibat at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年05月26日

社保庁の仕事

社保庁、「不正」全国的に・年金免除問題


 社会保険事務局・事務所の年金不正免除問題が全国的な広がりをみせている。京都、大阪、長崎に続き、25日は三重でも発覚。川崎二郎厚生労働相は同日、三重の責任者の更迭を指示した。民間出身の村瀬清司長官を招いての改革にも組織の体質は変わらず、その「病巣」の根深さを露呈した形。国民の年金不信に拍車がかかる恐れも出てきた。

 三重社会保険事務局は25日、本人の意思を十分に確認しないまま国民年金保険料の免除・猶予手続きをしていたと発表。これを受けて厚労相はこれまで不正を報告しなかったとして原和雄・三重社会保険事務局長の更迭を指示した。

こんな事件を起こすのが官僚の行為だろう。自分勝手な論理しかない。

呆れて物を言う気力もない。なにもしない方が、良い結果が出そうです。
ネゴシエーションできないのかもね。
posted by jijibat at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2006年05月24日

ゼロ金利解除観測

長期金利1.8%割れ・早期のゼロ金利解除観測が後退

 23日の東京市場では「株安・債券高」が進んだ。長期金利の指標である新発10年物国債の利回りは1.795%と、4月3日以来約1カ月半ぶりに1.8%を割り込んだ。日経平均株価の大幅続落や円高進行を受け、日銀による早期のゼロ金利解除への警戒感が後退した。日本の長期国債の格付け見通しが引き上げられたことも債券買いにつながった。

 長期金利はこの日前日比0.025%低下(相場は上昇)し、この一週間の低下幅は約0.2%に達した。日銀の福井俊彦総裁が今後の金融政策の運営について「ゆっくりと金利水準を調整していく」との考えを示したことも材料視された。

 株式市場では日経平均が前日比258円67銭(1.63%)安の1万5599円20銭で終えた。2月20日以来約3カ月ぶりの安値水準。世界的な投資資金の縮小懸念や前日の米国株安を受け、主力株を中心に売りが膨らんだ。東証一部の8割強の銘柄が値下がりする全面安となった。

ゼロ金利解除観測が後退し始めた。

日銀の福井総裁の談話が効いたのかもしれない。

急激に金利が上がるのは、感心しないので慎重な運用を期待したいものである。
posted by jijibat at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2006年05月20日

監査法人

監査法人にも改善命令、登録制を導入・金融庁方針

金融庁はカネボウなど上場企業の相次ぐ不正会計事件に対応し、監査法人への規制を強化する。監査法人に対して警告的な措置となる「業務改善命令」を出せるようにして問題のある法人に早期の是正を促すほか、監査法人の業務内容などをきめ細かくチェックできる「登録制」も導入する方針だ。自民党内では不祥事を起こした監査法人に事実上の制裁金となる「課徴金」を科す検討も始まった。株式市場に広がる監査不信を払拭(ふっしょく)する狙いがある。

 監査法人への現在の行政処分は問題への対応が法人まかせで罰則などを伴わない「戒告」から、監査先企業への影響が大きい「業務停止命令」や「解散命令」に一気に飛ぶため、その中間的な措置となる業務改善命令を新たに導入する。改善命令なら、中央青山監査法人への一部業務停止命令で起こったような監査先企業の混乱を避けつつ、早めに問題に対処できるとみている。

事件がおきると、罰則のない法律など、法の不備が目立つ。関係団体の圧力などでそういう風に作られているのかも知れない。

それにしても会計士の法律関連は、戦後の法律だと思うが、不具合が大きすぎだと思う。
posted by jijibat at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

2006年05月19日

本当に安全なの

米牛肉輸入条件、日米が大筋合意・首相、訪米前に再開決定へ

 米国産牛肉の輸入再開を巡る日米専門家会合は19日午前、3日間に及んだ協議を終えた。日本側は米政府が食肉処理施設を対象に実施した再点検結果について、安全上の問題はないと了承。事前査察や抜き打ち検査など輸入再開の条件や手続きで大筋合意した。日本は6月末の小泉純一郎首相の訪米前に輸入再開を正式決定する見通しだ。

 会合では、米国の施設の再点検結果の確認に多くの時間を割いた。米国が先月から実施した35の全施設の総点検の結果や、1月の輸入再停止までに日本に輸出された牛肉の記録を検証。一部で必要書類の未保存など不備はあったものの、牛肉の安全性を疑う問題はなかったと日本政府は結論した。

本当に安全なのだろうか。

米は真摯に問題点を改善したのだろうか。

政治的は配慮だけで政治を運営していないだろうか。

限りなく灰色の選択のような気がするのです。
posted by jijibat at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 政治

2006年05月15日

振興組合

振興組合の総会の案内がまだ来ない。

5月の最後の週以前の水曜日に今までは総会を開いていたはずなのに、その日は今年は、24日に当たります。

今日は、15日ですから、まだ来ません。

トップ人事が決まらないのか、理事選出でもめているのか分かりませんが、期日がありません。

もっとも2期4年の現執行部の理事すら理事長一任でしたし、その後理事の発表もありません。この体たらくな執行部ですから、どんな奇策を打ってくるかが、楽しみです。

小学校の学級会以下のレベルの振興組合の話です。

困ったもんだ。解散するしかないな。

予算の消化だけは、非常に熱心な一部のたかり体質の理事が居るのだが、一般会員は蚊帳の外で打つ手がない。
posted by jijibat at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

国境警備に軍隊

米、不法移民対策で国境警備に軍隊検討

米政府は不法移民対策の一環として、米軍の一部をメキシコ国境での警備任務にあたらせる検討に入った。現在の警備態勢では不法越境を食い止められないと判断。ブッシュ米大統領は15日の全米向けテレビ演説で、新たな移民政策を発表する見通し。中間選挙の争点である不法移民を巡る議論が一段と激しくなりそうだ。

 国境警備への米軍投入は、米主要メディアが相次いで報じた。国境地帯での監視任務や装備の提供などが選択肢となるもよう。米軍は現在も無人偵察機を飛ばすなど限定的な形で警備に協力している。

イラクに多くの兵を派遣しているアメリカです。

やりくりするために州兵すら裂いている状態で国境警備にさける軍隊の手持ちすらない状況なのに検討するのか、へんな話です。
posted by jijibat at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2006年05月13日

松井秀連続出場きれる

松井秀、左手首の手術成功・復帰まで早くても3カ月


 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手が12日、当地の病院で骨折した左手首を固定する手術を受けた。手術は成功し、13日午前に退院の予定。プレー再開に、早くても3カ月かかる見込みで、前半戦の復帰はなくなった。

 球団広報によると、12日午前6時10分(日本時間同午後7時10分)に麻酔室に入った松井秀は、同45分に麻酔を受け、約2時間の手術に臨んだ。

 骨折したのは親指付け根の近くにある橈骨の部分。関係者によると、骨折部位をピンなどで固定する手術で、ピンを除去する再手術の必要はないという。骨折したのは1カ所。

 当面はギプスで左腕を固定し、2、3週間後にギプスを外してリハビリテーションを開始する。

 松井秀は広報を通じ、「けがに関しては残念だし、チームメートに迷惑を掛けて申し訳ない。また元気にグラウンドに立てるように頑張っていきます。連続試合出場を考慮して毎試合起用していただいたことは、トーリ監督に感謝しています」と談話を発表した。

 松井秀は、11日のレッドソックス戦で、1回表の守備中に左手首を骨折し退場。日米通算連続試合出場は、1768試合(日本1250、米国518)で途切れた。

必ず、元気になってまたバッターボックスに立ってください。

映像見て、手首の骨折みたいに見えなかったのにな。

連続試合出場が途切れたのは、しょうがない。
posted by jijibat at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球

2006年05月12日

米産牛肉の輸入再再開問題

米産牛肉の輸入再開問題で関係閣僚が協議

安倍晋三官房長官、中川昭一農相、川崎二郎厚生労働相、麻生太郎外相の4閣僚は12日午前、国会内で米国産牛肉の輸入再開問題をめぐり対応を協議した。安倍長官はこの後の記者会見で「国民の安全、安心をしっかり担保しなければならない。米国の圧力があったから手続きを変えることはあってはならない」と述べ、消費者の不信感を払拭(ふっしょく)するため再開手続きを慎重に進める考えを示した

こんな記事にだまされないよ。

黒船以来の得意の圧力をアメリカは、かけてきています。日本は、応じないようなそぶりを見せて、最後は徐々に認めてしまいます。

いけない政治家ですよ。愛国心がない。

それだから、米軍再編成問題でも、なし崩しのOKサインでしょう。

それら政治家が靖国に行くのは、票目当てでしょう。それしか支持基盤がないのだから、後は経済に結びついた票だけです。
posted by jijibat at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交

2006年05月11日

自治会

自治会の会長が、4月から変わった。

会長が変わると組織が生き生きしてきました。

会合も回数を増えた。やる仕事が速い。同時に広報のための回覧板もすぐに回ってきた。

前会長の時は、ほとんどなかったことです。

ほぼおなじ地域に商店会振興組合もあるが、ここは何の報告もない。理事長一任ですべて会務をこなしています。4年間理事が誰であるかの発表もない。これで会を運営しているのかと思うほどだ。お手当てすら、イッチョ前に頂いています。

やる気の気配すら、微塵も感じられない。

年間予算は自治会が、6万円程度、商店会振興組合が、300万円です。
商店会振興組合の事業などないのに、年間300万円が消化されている。
おかしいと思う。

今月5月総会なのにまだ総会の日取りの案内すら届かないという体たらくです。いきなり総会に来いと、呼びつけられる感じです。

商店のほとんどない商店会振興組合です。電燈組合というのが、実態です。早く解散しないと大変なことになる。
posted by jijibat at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

多く読まれた記事06年4月

ジジニュースの記事の中で
1.六本木ヒルズの社長様
2.捜査陣姉歯逮捕に
3.NHK受信料不払い
4.巨人アディダス製新ユニフォーム
5.萩原健一
ベスト5です。4月中で一番読まれた記事です。
posted by jijibat at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年05月10日

トヨタの一人勝ち

トヨタの前期、4期連続最高益・年配当25円増の90円

トヨタ自動車が10日発表した2006年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前の期比17%増の1兆3721億円と、4期連続で過去最高となった。1兆円を上回ったのは3期連続。米国を中心に新車販売が伸び、生産能力の増強に伴う投資負担や原材料価格の上昇による悪影響を補った。期末配当は55円(前の期は40円)、年間では90円(同65円)とする。

 売上高は前の期比13%増の21兆369億円、営業利益は12%増の1兆8783億円、税引き前利益は19%増の2兆873億円だった。

トヨタの一人勝ちですね。

あんまり勝ちすぎると、恨みまで買いそうですよ。

好調の原因は、不要部分の切捨てという合理化だそうです。

見えないところは、かなり削ってしまう車作りだそうです。
posted by jijibat at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。