2006年05月13日

松井秀連続出場きれる

松井秀、左手首の手術成功・復帰まで早くても3カ月


 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手が12日、当地の病院で骨折した左手首を固定する手術を受けた。手術は成功し、13日午前に退院の予定。プレー再開に、早くても3カ月かかる見込みで、前半戦の復帰はなくなった。

 球団広報によると、12日午前6時10分(日本時間同午後7時10分)に麻酔室に入った松井秀は、同45分に麻酔を受け、約2時間の手術に臨んだ。

 骨折したのは親指付け根の近くにある橈骨の部分。関係者によると、骨折部位をピンなどで固定する手術で、ピンを除去する再手術の必要はないという。骨折したのは1カ所。

 当面はギプスで左腕を固定し、2、3週間後にギプスを外してリハビリテーションを開始する。

 松井秀は広報を通じ、「けがに関しては残念だし、チームメートに迷惑を掛けて申し訳ない。また元気にグラウンドに立てるように頑張っていきます。連続試合出場を考慮して毎試合起用していただいたことは、トーリ監督に感謝しています」と談話を発表した。

 松井秀は、11日のレッドソックス戦で、1回表の守備中に左手首を骨折し退場。日米通算連続試合出場は、1768試合(日本1250、米国518)で途切れた。

必ず、元気になってまたバッターボックスに立ってください。

映像見て、手首の骨折みたいに見えなかったのにな。

連続試合出場が途切れたのは、しょうがない。
posted by jijibat at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 野球

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。