2005年12月01日

国土交通省の見通し

10月の新設住宅着工9.1%増・8年ぶりの高水準

国土交通省が30日発表した10月の新設住宅着工戸数は、前年同月比9.1%増の11万5769戸となった。増加は2カ月ぶり。単月の戸数では1997年10月(11万9715戸)以来の高水準だった。伸び率も2004年9月の10.1%に次ぐ水準となった。今年5月以来6カ月連続で10万戸を超え、住宅着工の好調が続いている。

 持ち家は1.1%減の2万9812戸で、14カ月連続の減少。半面、貸家は14.3%増の4万9777戸と好調で全体と押し上げた。公的資金による貸家は3カ月連続の減少だが、民間資金による貸家が16カ月連続の増加となった。

 分譲住宅は11.1%増の3万5329戸。マンションは6カ月連続で増加したが、一戸建ては6カ月連続の減少だった。

 千葉県の姉歯建築設計事務所がマンションなどの構造計算書を偽造した問題が今後の住宅着工に与える影響について、同省は「材料としてプラスではないが、これが実際にどういう影響があるかは現時点では何とも言えない」としている。

姉歯の影響を受けると思う。姉歯関連の記事へのアクセス数はすごかったから、それだけ世間の注目を集めていると思う。

みな、建築業界を信じられないと思っていたが、それがビル建設の現場から立証されたのだから。

「この事件の影響は少し以上の影響がありそうです」ぐらいのコメントを出して欲しかった。昼行灯な仕事ですね。
posted by jijibat at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


国土交通省
Excerpt: 国土交通省削除提案中現在、この項目の一部の版または全体について、に従って、削除が提案されています。削除についての議論は、ので行われています。削除の議論中はこのお知ら..
Weblog: みつきのブログ
Tracked: 2007-09-08 11:24

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。