2005年12月17日

Google勝利

米AOLとグーグル、資本・業務提携へ最終交渉


 米タイム・ワーナー傘下のアメリカ・オンライン(AOL)が米グーグルと資本・業務提携に向け最終調整に入った。米メディアが16日午後、一斉に報じた。提携が実現すれば閲覧者数、ネット検索、ネット広告、簡易型メールの4分野でシェア1位の巨大ネット連合が誕生する。

 AOLはマイクロソフト、ヤフーとも提携交渉を続けていた。ヤフーとの交渉を先月打ち切ったのに続き、16日午前までにマイクロソフトとの交渉も打ち切りグーグルに独占交渉権を与えた。来週のタイム・ワーナー取締役会で提携するかどうかを最終決定する。

 ウォールストリート・ジャーナル(電子版)などによると、グーグルはAOLの株式5%を10億ドルで取得、急成長するネット広告分野などで提携する。グーグルの検索結果にAOLの関連ページへのリンクを別枠表示するほか、AOLがグーグルの技術を利用してネット広告を販売するという。

GoogleがMS、Yahooを振り落として、AOL提携に決まった。AOLは、ショッピングをかなりの確率でしてくれるユーザーが多いので、AdSense広告主にとっては魅力的なのだが、そのAOLがGoogleと提携を選んだ。

Google勝利の図式が、出来上がった。MSをすぐに追い越すぞ。
posted by jijibat at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10755363
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。