2005年12月22日

バイラルCM

バイラル・キャンペーン

2005年7月22日付の日経産業新聞1面と2面には、『奇抜サイトで口コミ狙え』という見出しでネットを使った口コミ手法についての記事が掲載されていた。米国で広がる「安上がり宣伝術」という副題がついているその記事には米国のバーガーキングの「サブサービエント・チキン」の事例が解説されている。

新製品のチキンサンドの発売に合わせて昨年春から立ち上げたもので、1年間で1400百万人がこのサイトを訪問したようだ。これをネットでの口コミ効果としている(たぶん、見た人も多いと思うが、小生としてはスタート時にチェックしたが、あまりおもしいとは思わなかったが・・・(日本人にはあのジョークが伝わらないのか)。

米国ではクチコミのことをWOM:Word of Mouth と呼ばれているが、ネット口コミを広げる手法を「バイラル・キャンペーン(Virus Campaign)」と呼ばれているようで、従来の口コミとの違いが書かれている。今までの口コミは情報が人から人へと伝達される範囲に限界があったが、ネットによって『企業は無限の人に情報を届ける可能性が模索できる』とネット広告専門代理店アベニューA/レザーフィッシュの副社長:ジェフ・ランクトット氏が答えている。


バイラルCMというのは、インターネットで公開される、CMのことです。「バイラル(viral)」=ウィルスの、という意味です。ウィルスのように、増殖するコマーシャル、広告という意味ですね。


ウィルスのように急に広まるCMということで、バイラルCMと呼ばれている。口コミで情報を広げることを目的のみをしている、絶大なインパクトのあるCM、それが「バイラルCM」です。

インターネットでの公開なので、ほとんど規制がほとんどないため過激なものが非常に多いんですよ。逆に過激にならざるを得ないのが、バイラルCMです。

イギリスでバイラルをいち早く導入したのが、自動車メーカーのマツダです。理由は「広告効果をアクセス数で計れるし、テレビCMよりコストも安い」ため。総予算 約390〜580万円で出来るバイラルCMだ。

英国でのバイラル市場(業界予想)は、1000万〜1500万ポンド(約19億〜29億円)と試算されている。最近ではバイラル専門の広告代理店まででてきているらしい。


顧客はマイクロソフト、フォードなどの超一流企業やタバコ会社などのテレビCMが規制されている企業からの発注が増えているそうだ。低コストで大きな効果がみこめるバイラルマーケティングは、有望な宣伝広告方法です。

注目を引くためにやや過激になるのが、欠点ですが、需要はうなぎのぼりな、バイラルCMです。





posted by jijibat at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。