2006年01月17日

証言しない証人

証言できない証人というか、証人喚問の意味が分かっていない証人でした。
自分で言っているのだから最悪です。

証言しないのなら、証人喚問を自分で要求するなよ。

証言したら、ボロが出てしまうので、ほとんど拒否した。

最悪の結果になったのは、小嶋ヒューザー社長です。それに気がついていないのだから、ひどすぎる。

饒舌が、自分の身を悪い方向に追い込んでいった。そのため事実確認まで、刑事訴追の恐れがあるのでYes or Noも言えなかった。

「違法性の認識なし」――ヒューザー小嶋社長証人喚問


耐震強度偽装問題をめぐり衆院国土交通委員会は17日午後、構造計算書が偽造された多くのマンションの建築、販売に関与したヒューザー(東京都千代田区)の小嶋進社長(52)を証人喚問した。小嶋社長は昨年10月25日に偽装を知った後、物件の売買や引き渡しがあったことを認めた上で「宅建業法、その他の法律について違法性の認識はない」と述べた。

 小嶋社長が姉歯秀次元一級建築士(48)の不正をどの程度認識していたのか、そしてヒューザーが偽装にかかわったことはないのかが焦点。

 ヒューザーは、指定確認検査機関イーホームズが偽装を指摘した昨年10月25日、姉歯元建築士から一部の物件の偽装について直接指摘を受けたと説明。その後も同月29日まで、契約や引き渡しを続けたことを認めており、顧客への重要事項告知を義務付けた宅地建物取引業法に違反した可能性が指摘されている。

 ヒューザーは問題発覚後に新たな物件の販売が進まず、現在は営業休止の状態に追い込まれている。喚問では今後の会社経営の見通しや、瑕疵担保責任に基づくマンション居住者への補償方針について各党の議員が質問。

 野党側は、元国土庁長官の伊藤公介衆院議員(自民党)との関係も追及。伊藤議員は問題公表前に、小嶋社長を国交省の担当課長に引き合わせたほか、三男が経営する会社がヒューザー物件の設備点検を請け負っていたことも明るみに出た。

 証人喚問は午後1時45分から午後4時までで、林幹雄委員長のほか、与野党議員8人が順次質問。小嶋社長が衆院国交委に出席するのは、昨年11月の参考人招致以来2回目。〔

これで終わりになるはずないよな、小嶋君の証人喚問。
特捜の事情聴取は、もっと厳しいぞ。
posted by jijibat at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


小嶋進社長の変貌(証人喚問)
Excerpt: ヒューザー小嶋進社長の証人喚問は、最後の方を生放送で見た。 印象は「参考人招致の時の威勢のよさが全く無い」と感じであった。 参考人招致と違い、過失であっても後で事実と違う発言をしたとなると偽証罪に..
Weblog: (有)ロジカル・コミュニケーションのブログ
Tracked: 2006-01-18 02:07

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。