2006年02月01日

防衛施設庁を解体

防衛庁長官「防衛施設庁を解体」・辞任は否定

額賀福志郎防衛庁長官は1日午前の参院予算委員会で、入札談合事件の舞台となった防衛施設庁について「解体してチェック体制、透明性をもった形で問題を処理するのが最も大事だ」と述べ、再発防止のため施設庁を解体する考えを表明した。防衛庁は外部有識者を交えた検討会で具体案を詰め、2007年度予算の概算要求に組織改編を盛り込む方向で調整する。

 額賀氏は談合事件について「国民の信頼を裏切ることで、ざんきに耐えない」と謝罪したが、自身の進退については「新しい出発体制にするのが私の責任だ」と辞任する考えのないことを強調した。小泉純一郎首相も委員会答弁で「額賀長官が意欲を示しており、今後再発防止に向けて政府を挙げて取り組んでいく」と表明した。

 額賀氏はこれに先立つTBS番組で、施設庁の組織見直しについて「(解体)するつもりでなく、解体して出直しを図る。これだけの事件を起こし、しかも組織ぐるみであることが明らかになっている。施設庁を解体するのが国民の期待であるし、私もそう決断したい」と明言した。

防衛施設庁を解体して、それを見届けてから、辞任しますと言った方が単純でかっこよいと思う。額賀長官も考えておいてください。
posted by jijibat at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。