2006年02月04日

阪神百貨店

M&Aコンサルティング(村上ファンド)の村上世彰代表は、発行済み株式総数の約40%を保有する阪神電気鉄道株の株を上げたいようだ。

最近の報道では、阪神百貨店のM&Aを考えていると言われています。

球団などどうでもよいということで、真の狙いは、阪神百貨店だということです。

そうだろうな、こちらの方が規模も大きいし、目標としてもおかしくはないよな。
posted by jijibat at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12729921
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。