2006年02月09日

走行中のバス車内におけるブロードバンド接続実証実験

ルートなど、走行中のバス車内におけるブロードバンド接続実証実験

 ルートは、IEEE 802.11b/gとPHSに対応したモバイルルータ「RTMR2400」の受注を2月7日から開始した。同製品は2月15日より開始される「福岡ITバス(FITBUS)」の実証実験に採用されている。

 RTMR2400は、インターネットイニシアティブ(IIJ)、ノバテックと共同開発したモバイルルータ。モバイルIPを採用したハンドオーバーや認証技術により、時速300kmの移動中でもネットワークが途切れることなくスムーズな通信が可能なほか、位置情報を利用したトラッキングサービスや位置案内も可能だという。

 本体サイズは95×139.5×33mm(幅×奥行×高)、重量は500g。10BASE-T/100BASE-TX×2ポートとUSB 2.0×2ポート、IEEE 802.11g準拠の無線LAN機能を搭載し、オプションでIEEE 802.11aにも対応する。

 2月15日より行なわれるFITBUSは、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)の先進技術型研究開発助成金事業の下、ルートが参加するITBUS協議会が西日本鉄道、西鉄エージェンシー、九州通信ネットワーク(QTNet)の協力を得て実施するもの。ルートのモバイルルータを用い、走行中のバス車内におけるブロードバンド情報サービスの実証実験が行なわれる。

 実証実験の期間は2月15日から3月31日で、福岡市の天神・博多地区を走る西鉄100円循環バス10台にモバイルルータと液晶ディスプレイを設置、バス経路には無線LAN基地局9局を用意してバス車内にインターネット接続環境を構築する。モバイルルータのハンドオーバ機能により、バスの乗客へリアルタイムな情報や広告、運行情報などを提供するほか、天神大丸前バス停には運行情報や緊急情報などを提供する表示装置を設置する。

今後更に便利になりそうな実験だと思う。

どこでも、どんな乗り物でも常時接続が可能になると良い。

携帯だけでない、他のモバイルが出てくるかも知れない。PCの小型化が進むのかも知れません。

携帯の大型化が進んでいくのかも知れません。

車搭載ナビも影響を受けるかも知れません。
posted by jijibat at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13014695

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。