2006年02月21日

医師募集

ハンガリー国立大医学部、日本から留学生30人受け入れ

 医師を目指す熱意ある学生よ来たれ――。ハンガリーの国立大3校の医学部がこのほど、日本からの留学生計約30人を受け入れることになった。入学選抜では成績以上に“心意気”を重視。日本の私立大より格安の学費も魅力だ。

 受け入れるのは、セメルイス、セゲド、ペーチの各国立大。対象は高卒か今春卒業見込みの学生で、入学は今年9月。予備コース(1年間)と医学部(6年間)でいずれも各5人ずつ募集する。

 医学部は、TOEFL500点以上の英語力が必要だが、予備コースは高校の成績など書類審査と面接で選抜。医学部の授業に対応できる英語力や基礎学力を1年間かけて身に付けた後、医学部に進級する。

 初年度費用(入学金と授業料)は予備コースが約140万円。医学部が約180万円で6年間でも約700万円と日本の私大に比べて格安だ。

 ハンガリーの国立大医学部は約20年前から英語で授業を行っており、医学水準も高い評価を受けているという。

医師には、お金をかければなれるだろうが、名医にはなれまい。

資格とは、お金で買うものではないと思う。
posted by jijibat at 14:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
国立医学部の外国人枠で受験 在日医師
Posted by 2ch医師版 at 2006年02月27日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13561003

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。