2006年03月16日

世界野球クラシック

日本 韓国に敗れる

 第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本は15日(日本時間16日)、アナハイム(米カリフォルニア州)で韓国と対戦し、1―2で敗れて1勝2敗となり、準決勝進出は厳しくなった。

 2次リーグ1組は4チームのうち上位2チームが準決勝に進むが、16日(日本時間17日)のメキシコ(2敗)―米国(1勝1敗)で米国が勝てば、米国が進出。メキシコが勝った場合は、3チームが1勝2敗で並び、日本にも進出の可能性がある。

 韓国は1次リーグに続く3戦3勝で、準決勝進出を決めた。準決勝は18日(同19日)にサンディエゴで行われる。

 日本は8回、杉内俊哉投手(ソフトバンク)が四球、中前打などで1死二、三塁のピンチを招き、救援した藤川球児投手(阪神)が左中間二塁打を浴びて2点を失った。9回に西岡剛内野手(ロッテ)がソロ本塁打を放ったが、1点差で敗れた。2回の先制機に里崎智也捕手(ロッテ)の右前打で本塁を狙った二塁走者がアウトになったのも痛かった。

惜しかった。でもしょうがない。終わったことは言ってもしょうがない。そんなつぶやきだらけの一日でしょう。

来年があるさ。気分を変えよう。野球の話は、オープン戦の話をしよう。

でも韓国野球も大きく成長したのも事実です。

逆にアメリカの野球はアメリカ以外の野球選手で持っていると、言えそうです。
posted by jijibat at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。