2006年03月31日

グーグル、さらに新株発行

グーグル、新株発行で21億ドルを調達

インターネット検索最大手の米グーグルは29日、530万株の新株を発行すると発表した。同日の終値で計算すると、資金調達額は21億ドル(約2500億円)。豊富な手元資金を活用してアメリカ・オンライン(AOL)への出資などを決めており、今回調達する資金の使途が注目される。

 米証券取引委員会(SEC)に提出した資料によると、調達する資金は運転資金や設備投資のほか企業買収、技術取得などに充てる。ただ、買収については「現時点で具体的な案件はない」と説明している。

 同社は昨年夏にも新株発行による41億8000万ドルの資金調達を発表。AOLへの10億ドル出資やラジオ広告会社の買収など業容拡大を狙うM&A(企業の合併・買収)を積極的に展開している。

昨年夏にも新株発行による41億8000万ドルの資金調達をした。さらに今回21億ドル(約2500億円)の資金調達です。

調達する資金は運転資金や設備投資のほか企業買収、技術取得などに充てる。ただ、買収については「現時点で具体的な案件はない」と説明している。

何に使うのかなGoogleは、

それと前後して、G-mailに広告配信のニュースが入りました。しばらくGoogleから目が離せないと思う。

イギリスにおいては、Googleは75%の検索使用率とあります。巨大化するのか、きめ細かいサービスになるのか?
posted by jijibat at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15861693

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。