2006年04月04日

米大リーグも開幕

米大リーグも開幕しました。
注目の日本人選手も
松井秀 3ラン含む3安打

 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手は3日、ナイターのアスレチックス戦に「6番・左翼」で出場。4回の第3打席で今季1号となる3ラン本塁打を放った。

 2回の第1打席は四球で出塁、後続の攻撃で先制のホームを踏んだ。打者一巡で回ってきた第2打席では中前に今季初安打、5回の第4打席でも2死一、二塁から中前に適時打を放った。

城島本塁打デビュー!イチロー1安打


 米大リーグ、マリナーズは3日、シアトルでエンゼルスと今季開幕戦を行った。日本人捕手として初めて大リーグに挑んだ城島健司捕手は「7番・捕手」で先発、5回に昨季のサイ・ヤング賞投手バートロ・コローンから右越えにソロ本塁打を放ち、3打数1安打1打点だった。内容は遊ゴロ、本塁打、死球、右飛。

 日本人選手が、大リーグのデビュー戦で本塁打を打ったのは、2004年の松井稼頭央内野手(メッツ)に続いて2人目。

 イチロー外野手は「1番・右翼」で出場し、5打数1安打だった。内容は空振り三振、三ゴロ、右前打、三ゴロ、空振り三振。マリナーズは4―5で敗れた。

 ≪鮮烈デビューも笑顔なし≫城島の一振りが球場の雰囲気を変えた。1回に先制され、打線は3回まで沈黙。ここ2年ほど負け続けることに慣れた球場の空気はどこか緩みがちだった。それが城島の一発で息を吹き返す。その後、イチローの右前打を含む4長短打で一気に同点に追いついた。それでも試合に敗れ、城島に笑顔はなかった。「いい試合をしても黒星が付いたのは事実」。敗戦の責任を一身に背負うように、淡々とした表情で話す。「僕がもっとカブレラという打者のことを知っていたら」―出てくる言葉の大半は同点の9回、カブレラに2点適時打を許した場面に費やされた。

出だしから、大活躍のようです。
日本人選手の活躍は、楽しいものです。
posted by jijibat at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16117914

メジャーリーグ開幕!!城島1号松井3ランイチロー田口安打!
Excerpt: 城島、デビュー戦1号弾 松井秀も開幕戦3ラン (共同通信) - goo ニュース いや〜書くネタがないときにいいニュースがまいこんでくるもんやね〜〜(笑)いや、そうじゃない、世界はいつも幸せな情報に..
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ 
Tracked: 2006-04-04 14:42

海の向こうのSAMURAIたち
Excerpt: 日本国内に続きMLBも開幕。 ワールド・チャンピオン(WBCではない…)となったホワイトソックスの井口は2番・2塁で先発出場。第2打席で今季初安打初打点、第3打席では勝ち越し犠飛で3打数1安打1..
Weblog: 道楽主義宣言
Tracked: 2006-04-04 16:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。