2006年05月12日

米産牛肉の輸入再再開問題

米産牛肉の輸入再開問題で関係閣僚が協議

安倍晋三官房長官、中川昭一農相、川崎二郎厚生労働相、麻生太郎外相の4閣僚は12日午前、国会内で米国産牛肉の輸入再開問題をめぐり対応を協議した。安倍長官はこの後の記者会見で「国民の安全、安心をしっかり担保しなければならない。米国の圧力があったから手続きを変えることはあってはならない」と述べ、消費者の不信感を払拭(ふっしょく)するため再開手続きを慎重に進める考えを示した

こんな記事にだまされないよ。

黒船以来の得意の圧力をアメリカは、かけてきています。日本は、応じないようなそぶりを見せて、最後は徐々に認めてしまいます。

いけない政治家ですよ。愛国心がない。

それだから、米軍再編成問題でも、なし崩しのOKサインでしょう。

それら政治家が靖国に行くのは、票目当てでしょう。それしか支持基盤がないのだから、後は経済に結びついた票だけです。
posted by jijibat at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17707327
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。