2006年07月11日

与謝野馨経済財政担当相

経財相、日銀の判断尊重・ゼロ金利解除めぐり

与謝野馨経済財政担当相は9日、NHKの番組に出演し、ゼロ金利政策の解除について「すべての知見と経験、それに伴う責任に基づいて、ご判断いただくということだ」と述べ、日銀の判断を尊重する姿勢をあらためて示した。

 経財相は「日本経済はすべての指標において良い方向に向かっている」と語り、解除に向けた環境は整いつつあると強調。北朝鮮によるミサイル発射が日銀の判断に影響する可能性については「まったくない」とした。

 福井俊彦日銀総裁の村上ファンドへの投資問題についても「個人の問題と金融政策の問題を混同するのは正しくない」とし、解除をめぐる議論に影響させるべきではないとした。

福井俊彦日銀総裁の村上ファンドへの投資問題についても「個人の問題と金融政策の問題を混同するのは正しくない」とし、解除をめぐる議論に影響させるべきではないとした。

最後のコメントいただけない。すきだらけの福井日銀総裁をかばう必要ないと思う。かばわないと、ゼロ金利解除のメドが立たなくなるからだろう。

与謝野馨経済財政担当相は、与謝野晶子と関係あるんだろうか?君いきたもうなかれ、君言いたもうなかれ。
posted by jijibat at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20605913
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。