2006年07月23日

記録的大雨

九州南部で大雨被害相次ぐ・累積降水量1200ミリ超も

 活発な梅雨前線の影響で、九州南部は23日も激しい雨が降り続いた。宮崎、鹿児島両県の山間部では降り始めからの累積降水量が1200ミリ、熊本県でも800ミリを超える記録的な大雨に。熊本県南部と鹿児島県北部では、冠水や土砂崩れによる道路の寸断、住宅の浸水などの被害が相次いだ。

 熊本、鹿児島両県によると、同日午前現在、浸水や倒壊など住宅の被害は熊本で約300棟、鹿児島で約1200棟、道路の被害はそれぞれ約80カ所。両県で計約10万人に避難指示や勧告が出された。

 鹿児島県湧水町ではNTT西日本の交換局が冠水し、約1800世帯で電話がかからなくなった。九州新幹線は始発から一部区間で断続的に運転を見合わせた。

 鹿児島県北部では22日、土砂崩れなどで4人が死亡、1人が行方不明になった。23日は人的被害は発生していない。

 気象庁によると、24日にかけて1時間に40―60ミリの非常に激しい雨が続く見込み。

宮崎、鹿児島両県の山間部では降り始めからの累積降水量が1200ミリ、熊本県でも800ミリを超える記録的な大雨になっている。

いっぺんに降り続け無くても良いのに、均等に降って欲しい。

総は問屋が卸さないのが、気象条件です。

早く雨が上がって欲しいです。先週の土日九州にいたので、少し身近に感じる私です。今年は台風が多いのか、九州地方での長雨が続くね。

台風の雨も必要だが、各地に万遍なく降ればよいのにな。

そんなにうまく行かないのが、自然だよ。自然相手に要求は通じない。
うまく自然を交わすしかない。

九州に生活している人が心配です。生活をかなり制限されることだろう。
posted by jijibat at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。