2006年07月25日

住宅ローン、長期固定増える

住宅ローン、長期固定シフト

 日銀によるゼロ金利政策の解除を背景に、個人が住宅ローン商品を選別し始めた。金利を長期間固定するタイプの住宅ローンが人気で、三メガバンクでは、新規申し込みに占める固定期間「10年超」の割合が3―4割に高まった。りそな銀行が長期ローンの金利を優遇するサービスを開始するなど、金利上昇に敏感な利用者を取り込む動きも出てきた。

 三井住友銀行は4―6月の住宅ローンの新規申し込みのうち、固定期間「10年超」の割合が4割となった。前年同期は約1割で、「量的緩和策を解除した3月以降、長期固定ローンを選ぶ利用者が増えている」(同行)という。三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行も全体に占める長期固定ローンの割合が昨年の1割から3割に上昇した。

変動金利選択した人にとっては、きつい時代になった。

解約して固定金利にしなければならないほど、金利の上昇が激しくなれば、インフレみたいになる。金利は先読みむずかしいしな。


金利は安い方いいに決まっています。

文章量の大きさで広告数、広告の質が変わるようです。
引用の部分を除いて確かに数えているな。

文章量を正確に把握しているグーグルすごいと思う。

これで文章量多くなるので、英語中国語減るのかな?

すごいなグーグルの能力は、驚いた。文書量少ないとグーグルから重い金利が来そうな予感です。
posted by jijibat at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。