2006年08月14日

停電事故

首都圏で広域停電・80万世帯、鉄道や信号などにも影響


14日午前7時35分ごろ、東京と神奈川、千葉3都県の約80万世帯に及ぶ広範囲で停電が起きた。同9時半までにほとんどの地域で復旧したものの、JR、私鉄や地下鉄など鉄道が一時運行できなくなり、エレベーターに人が閉じ込められる事故も多発した。東京電力は東京都と千葉県境を流れる旧江戸川にかかる送電線の切断事故が原因とみて調べている。

 東京電力によると、停電したのは東京都区部や千葉県浦安、市川市、横浜市北部など。同9時半までに東京都渋谷区の一部を除き、復旧した。

 同社は東京都江戸川区と千葉県浦安市境を流れる旧江戸川で、船に積載したクレーンが川にかかる2本の送電線に接触し、損傷したことが停電の原因とみている。

 首都圏の交通機関は鉄道を中心に大きく乱れた。東京メトロは全線で運行を停止。午前8時50分ごろまでに復旧したが約10万3000人の足が乱れた。JR京葉線も約20分の遅れが出た。京王電鉄、京成電鉄の私鉄のほか、都営浅草、新宿線でダイヤが乱れた。

停電の影響は、経済全体に影響を与えるらしいね。
日銀、即日で1兆円供給・停電の影響で翌日物金利が上昇
という記事が上がっています。

1兆円も供給するんですね。

停電事故の損失など経済誌を将来にぎわせるだろうが、どういう風に計算するのだろう。

その数字は信頼に足りるのだろうか。

数字が一人歩きすることもある。

停電事故は、電気のありがたみを感じさせるね。

エジソンさんありがとうと言いたいです。
文章を増やしたが、相変わらず広告が変わらない。

どのくらいの量の文章にしたら、通常な広告が出てくれるのだろう。

これを書いた時点で、タイトルと違いが出るので永久に公共広告であり続けるつもりなのかもしれない。

広告の選び方、よく分からないとしかいえない。少し広告の選び方下手になったのかもしれない。

意味がわからないことを考察するのはむずかしい。グーグルしか分からないことだからね。

公共広告は、おれにとっては、停電事故と同じです。打ち倒されています。
posted by jijibat at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。