2005年10月17日

靖国にまた行った

小泉総理が、簡素だが、また靖国参拝をした。

一度ぐらい棚上げして、より問題をこじらさないような配慮もなかった。

ただ、記帳もしていない、硬貨を賽銭箱に投げた。

これで私的参拝を強調したいのだろうが、中国は即座に反対の姿勢を見せた。

そりゃそうだろう、中国にとって神舟6号という宇宙船が、無事に帰還して、大いに国威発揚した日に、面子をつぶされた。

秋期大祭などと言う日のお参りなんか、絶対理解できないだろ。嫌がることをするのが、外交だが、嫌味なお参りでは、通用しないと思う。

嫌味なことを、刺客、衆院選圧勝、郵政民営化反対議員つぶしで覚えてしまったらしい。困った男だなぁ。知恵を出さなきゃならない時に、相手を挑発してしまった。

外交のいきずまりを感じてしまう。
posted by jijibat at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 外交
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8261417

靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 17:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。