2005年11月18日

タバコの税金

たばこ1本の約6割が税金

「煙ではなく、税金をすっているようなものだ」とも言われる。現在は1本当たり約7.8円がたばこ税だ(国税分と地方税分を合計)。「マイルドセブン」の20本入り1箱を例に取ると、小売価格270円のうち、半分を超える157円分をたばこ税が占める。消費税まで合わせると、60%超が税金という計算になる。ただ、それでも日本のたばこ税は欧米に比べると低く、小売価格も安いと指摘されている。

 日本専売公社の民営化で1985年に日本たばこ産業(JT)が設立されて以降の20年間で、たばこ税は3度増税された。しかし、消費者の健康志向の高まりを背景に、たばこ税は減る傾向が続いている。JTの「全国たばこ喫煙者率調査」によれば、成人でたばこを吸う人の割合は2004年に29.4%となり、初めて30%を割った。喫煙者率は96年以降、9年連続で過去最低を更新し続けてきた。

 そもそもたばこ税は民営化に当たって、それまでの専売納付金に代わって「たばこ消費税」として創設された。製造業者が国税分を納め、卸売業者が地方税分を納める二本立て構造だ。

 国税庁のサイトには「間接税」の説明ぺージ内にたばこ税の課税状況を説明するデータが掲載されている。JTは自社サイト内に「たばこ税の『事実』を知ってください。」という主張のページを設け、「わが国で最も税負担率の重い商品のひとつです」「たばこの税負担は多くの愛煙家の肩にのしかかっています」などと、税率の高さに不満を鳴らしている。


すごい税金なんだなぁ。だから早めに止めた方がよいということだな。

タバコを吸う人が減れば、タバコ税収入がなくなるのだから、政府としては苦しくなる。

でもまだ、酒税があるさ、酒税も高いが、きっと持つと思っているよ政府はね。

お酒だって、飲みすぎれば、体に悪いに決まっているが、政府は安心しています。
だから、第三のビールの酒税を上げようとして、税収の増加だけを考えています。

「入るを図り、出るを減ずる」のが鉄則なのだが、出るは全く考えていません。政府のお役人さん方は、入ることしか考えていません。
posted by jijibat at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9482983

約6割が税金   【ビジネスブログ】
Excerpt: 「煙ではなく、税金を吸ってすっているようなものだ(笑)」とも言われる「たばこ」。 現在、なんと1本当たり約7.8円がたばこ税とのこと。「マイルドセブン」の20本入り1箱を例に取ると、小売価格27..
Weblog: ビジネスブログネット[BUSINESS BLOG NET] ネットアロー代表Sのブログ
Tracked: 2005-11-18 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。