2005年11月25日

責任のなすりあい

国交省が姉歯建築士を聴聞…施設側からの圧力明かす


マンションやホテルの耐震強度偽造問題で国交省は24日、姉歯秀次・一級建築士(48)の聴聞会を開いた。姉歯建築士は「取引先3社から鉄筋の量を減らすよう指示された。断ると『他の事務所に変える』と言われた」と証言、施工側などからの“圧力”があったことを明かした。当事者間の“責任なすり合い”が泥沼化してきた。同省は偽造を見逃した民間検査機関「イーホームズ」も立ち入り検査した。

「鉄筋の量を減らすように指示された。『安全性に問題が生じるので減らせません』といったが、『他の事務所に変える』と言われた」

国交省によると、渦中の姉歯建築士はこの日の聴聞会で、大口取引先の幹部の実名を挙げて「圧力」があったと“暴露”。別の2社からもコストを抑えた設計を指示されたと明かした。

さらに「仕事がなくなると、生活が困ると思った」「仕事確保が優先で考えが至らなかった。今思えば、その時に拒否するべきだった」とも。

“ヨン様ヘアー”に黒いスーツ姿の姉歯建築士。この日午後1時すぎに国交省前に車で到着し、問題発覚翌日の18日以来、6日ぶりに公の場に姿を現しただけに、大勢の報道陣にもみくちゃにされたが一切無言だった。聴聞会は午後1時20分から約30分間で終了。終了後も同省を通じて「取材には応じない」と談話を出した。

だが聴聞では、自らの姉歯建築設計事務所(千葉県市川市)による構造計算書の偽造が判明したホテルなど計21棟について、偽造を認めて「大変申し訳ないことをしたと反省しております」と陳謝したが、「それ以外の偽造は覚えていない」と語ったという。

一方、姉歯建築士の「大口取引先」の1つである施工主、木村建設(熊本県八代市)の木村盛好社長(73)は同日、熊本市内で会見して「姉歯建築士にコストダウンの圧力をかけたことは全くありません」と、「圧力」について語気鋭く全面否定した。

「わが社に構造計算という特殊な分野を処理する能力はない。偽造の事実は全く知らず、姉歯建築士の計算や審査結果をそのまま信じた」と、責任は姉歯建築士と検査機関イーホームズにあると主張。「怒りの気持ちでいっぱい。姉歯建築士を告訴するつもり」と言い放った。

早ければ月末に熊本地裁に自己破産を申し立てる方針という木村社長は「会社の存続が困難と判断した」と涙も見せた。

また計12棟の建築主ヒューザー(東京都千代田区)の小嶋(おじま)進社長(52)は、ホリエモンになぞらえて自らを「オジャマモン」と名乗る通り、24日もテレビ各局の生番組にハシゴ出演。「偽造は全く知らなかった。姉歯さんの特殊な出来事で、検査機関が通したことも問題」と木村社長と同様、姉歯・イーホームズ批判に終始した。

国交省は姉歯建築士に免許取り消しを通告。来月上旬に開かれる中央建築士審査会の同意を得て確定する。


開き直っている姉歯設計士です。カツラだとすぐ分かってしまう姿は、感じが悪い。開きなおった態度には、不快感を感じる。

圧力を、強度的に無理だと、跳ね返すのが、設計士の仕事だと思う。お金のためにした仕事ですか、でもいい訳にはならないよ。

ヒューザー社長も、ただのでしゃばりだけで、軽い人物です。全ての責任は自分がとるということだが、おそらく取る意思はない。言葉巧みにあやっているつもりなのだろう。

それぞれの立場でそれぞれの自己弁護が始まった。
posted by jijibat at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。