2005年11月25日

耐震強度偽装の聞き取り

国交省、建築主3社から聞き取り・耐震強度偽装

 千葉県の姉歯建築設計事務所がマンションなどの構造計算書を偽造した問題で、国土交通省は25日、偽造物件の建築主であるヒューザー(東京・千代田)とシノケン(福岡市)の代表者から入居者への対応などについて事情を聴いた。サン中央ホーム(千葉県船橋市)からも同日午後、話を聞く。

 姉歯秀次・一級建築士(48)は24日に国交省に対し「取引先から圧力を受けた」と証言しており、国交省はこの点についても建築主から話を聞いたもよう。

 これまで建築主に対しては地元自治体が調査していたが、入居者の安全確保を急ぐ観点から国交省が直接、聞き取り調査に乗り出すことにした。耐震性が不十分な分譲・賃貸マンションについて、入居者の移転の見通しや費用負担などの対応を聞いた。

 一方、民間の確認検査機関「イーホームズ」(東京・新宿)への立ち入り検査はこの日も継続。北側国交相は「建築士の不正行為を想定しておらず、建物の強度を十分にチェックしていなかった」との評価を明らかにした。


ヒューザー(東京・千代田)とシノケン(福岡市)とサン中央ホーム(千葉県船橋市)の3社が、国交省に呼ばれ、聞き取りが行われた。この3社は、姉歯秀次とかかわりながら、利益を膨らませるため耐震強度偽装を行ったと思われる。つるんでやれば、怖くない。
ひどいことをするもんだ。

民間の確認検査機関「イーホームズ」(東京・新宿)もつるんでやっていたのではないのか。
検査機関は相互監視じゃないと、うまく機能しない。三回の検査なら、三回とも違う会社を使うしかない。

姉歯秀次は、ヒューザー(東京・千代田)とシノケン(福岡市)と木村建設から、安く上げるために、圧力があったと述べたそうです。

各会社は否定した。責任を擦り合っています。警察を入れて、司直の手を入れる必要がありそうです。
posted by jijibat at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9789349

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。